意外と簡単 ゴルフ100切り!ここがポイント

ゴルフコースに出て暫くの間は、回りを見ている余裕がありません。

しかし数回コースを廻ると、どんどんスコアが良くなってきます。

ところが100を目前にして、停滞する様になります。

これが一つの壁となります。今回は100を切る方法をお知らせします。

スポンサーリンク

ドライバーについて

引用:http://golf-gakko.com

ドライバーでは飛距離を求めたくなりますが、一般的なコースでは200yd位

出れば十分です。それよりもフックやスライスを抑える事が重要です。

ストレートに飛ばす為、練習場で十分打ち込みを行います。

初心者に多いスライスはヘッドの軌道がアウトからインになっているか、ヘッドの

フェースが開いています。これはスライスを修正しようと、左方向へ打ち込んでいる

からです。右腕を腋につけてティークバックし、打ち込む時はヘッドを右へ放り出す

感じでスイングします。

フックに悩んでいる方はスライスの逆を行います。

後はボールの位置とティーアップの高さを調整して、弾道の高さを調整します。

グリーン周りの寄せ

ピン迄30yd~60ydは非常に難しい寄せとなります。

その為にも第二打、第三打、でグリーンピン迄自分の得意な距離を

残す様に計算して、第一打、第二打、を打ちます。

例えばPWが得意で残り100ydは完璧に寄せられるとします。

400ydのパー4のコースの場合、ドライバーで200yd、

第二打で2オンを狙いたい所ですが、PWで第二打、第三打、を打つ

のも、作戦の一つです。

30yd~60ydは感覚が大切で、これは数多く打って、感覚を

身に着けるしか手がありません。

ゴルフ練習場でもグリーンを備えている所があり、そので忍耐強く

練習を行いましょう。

寄せ方は三種類あります。順番に説明したいと思います。

ピッチショット

引用:http://golf-gakko.com

グリーンの前に池やバンカーがあり、そこを超えて打ちたい時に行います。

ボールはセンター、重心もセンターに置き、クラブはサンドウェッジを使用します。

フェースをやや開くのがコツですが、開きすぎると右方向へ飛んでしまいます。

練習で感覚を身に付けましょう。

ピッチエンドラン

引用:http://golf-gakko.com

グリーン周りの寄せの基本ショットです。ピッチとランが5:5位になる様に打ちます。

ボールはセンター、重心もセンターに置き、クラブはサンドウェッジかピッチングウェッジ

を使用します。

フェースの向きは、ターゲットに垂直で構えます。

ランニングアプローチ

引用:http://golf-gakko.com

これもグリーン周りの寄せの基本ショットです。ほとんどがランとなる様に、ボールをあまり

上げずにショットを行います。

ボールはボール一個分右、重心は左に6割~7割で、クラブはサンドウェッジかピッチング

ウェッジを使用します。

フェースの向きは、ターゲットに垂直で構えます。

スポンサーリンク

パットについて

引用:http://golf-gakko.com

パットも感覚が大切です。日々練習をして、どの位の力で打つとどの位転がる

かを把握しておく必要があります。しかし難しいのは、コースによって転がる

スピードが違い、芝が湿っている・乾いている、でもスピードが違ってきます。

コースには必ずパット練習場があるので、必ずパッティングを行い、転がる

感覚を掴んでおきましょう。

使用するパターは4タイプあります。

  1. ピンタイプ
  2. L字タイプ  
  3. T字タイプ 
  4. マレットタイプ

ピンタイプ

引用:https://www.golfdo.com

バランスが良く扱いやすい。

L字タイプ

引用:https://www.golfdo.com

操作性が高くて、アイアンと同じ様に振れる。

T字タイプ

引用:https://www.golfdo.com

ボールをヒットしやすい。

マレットタイプ

引用:https://www.golfdo.com

直進性の良いボールが打ちやすく、多少芯を外れても転がりの差が出にくい。

それぞれに長所短所があり、一概にこれとは決められませんが、私はマレットタイプを使用

しています。理由は方向性が決まりやすいからです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがですか。100切りのポイントはいくつかありました。

  • ドライバーの方向性
  • グリーン周りの寄せ
  • パットについて

全て練習がとても大切です。しっかり練習して100を切りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする