ゴルフ初心者講座!とにかくゴルフを始めよう!

ゴルフに興味はあるが今一歩踏み出せないあなたゴルフを始めるに当り必要な事を

解説していきます。

スポンサーリンク

ゴルフ用品からコースを回る迄を説明します。

ゴルフ用品

クラブ

まずこれが無いとはじめられません。

本数は最大パターを含め14本となっています。

うまくなるに従って好みが出てきますので最初はセット物か中古品で十分です。

ではクラブの種類から説明していきます。

ウッド(W)

その名の通り昔はパーシモンという木で作られていました。

最近は金属製です。別名メタルウッドと言います。

クラブは番手があります。

1W⇒通称ドライバーと呼びます。

一番遠くに飛ぶクラブで通常コースでは14回使用します。

3W⇒通称スプーンと呼びます。

フェアウェーウッドの中で一番遠くに飛びます。

素人には扱いが難しくあまり使われません。

4W⇒通称バッフィーと呼びます。

5W⇒通称クリークと呼びます。

7W⇒通称ヘブンと呼びます。

この他9W・11W迄あります。

数字が大きくなるほどボールの飛距離は短くなります。逆にボールが上に上り易く

なります。

ユーティリティ

ウッドの飛距離とアイアンの方向性を兼ね備えたクラブです。

距離のあるラフなどから打つのに適しています。

アイアン

1I~9I、PW、AW、SW、LWがあります。

※I(アイアン)、W(ウェッジ)

1I~3Iのロングアイアンは打ちやすいユーティリティになり最近はあまり使われません。

ウェッジについてはPWを除いて角度で表示したものが主流になりつつあります。

AW(アプローチウェッジ)は52°~56°、SW(サンドウェッジ)は58°~60°のものが

良く使われます。

パター

グリーン上ではパターと呼ばれるクラブを使用する。

ボールを転がすことを目的としたクラブである。

パターはストロークで打つ事が他のクラブと違う特殊な点である。

ロフト角はあまり明記されることはないが3 – 4度が多く、

シャフトは34インチ前後の物が多い。

クラブの選択

1W・4W・5W・7W・9W・5I・6I・7I・8I・9I・PW・52°・58°・PT

こんな感じが多い様に思います

ボール

たかがボールと思いがちですが最近は色々な技術が詰め込まれています。

ゴルフボールの種類はたくさんあるけど、もちろんこれには理由があるんだ。

それは、ヘッドスピードやスイングが異なると同じボールでも効果や効能が

大きく変わってしまうから。ゴルフは、性別はもちろん、非力な人から

筋肉ムキムキな人まで誰でも楽しめるスポーツ。クラブにもスペックや種類が

あるようにボールも対象のゴルファーに合わせて最適なパフォーマンスが出る

ように開発されているから種類がたくさんある。

ボールなんてどれでも同じって考えている人もいると思うけど、それは大きな間違い。

結果からお話しすると自分に合っていないボールを使っていると飛ばないし、

曲りの原因にもなるんだよ。

ボールはクラブに比べて軽く見られがちだけど実は、クラブと同じぐらい重要な

要素なんだ。ゴルフボールは、適度に潰れることによってその性能が発揮される。

その潰れ方が少なくても多すぎても性能は正しく発揮されないんだ。

引用:https://www.golfdo.com/

最近のゴルフボールは中身が大体3層から4層になっているんだ。「3ピース」、「4ピース」

ボールって聞いたことないかな?

これはボール内がいくつの層になっているかを表しているんだよ。このそれぞれの層は、衝突

エネルギーの大きさ、つまりヘッドスピードの違いによって反応する層が変わるんだ。

衝突力の大きいドライバーで打つと一番内側の層までエネルギーが届いて、ボール全体が潰れ

逆に衝突力の小さいウェッジやパターで打つとエネルギーが内側まで届かず、外側の層までし

か潰れない

この違いがスピン量や、打ち出し角に影響するんだ。ピースの層が多いとこの違いが細かく設

計できるからより高性能なボールが作りやすい。だから最新のボールは層の数が多いのがたく

さんあるんだよ。

引用:https://www.golfdo.com/

ゴルフボールのタイプはすごく大まかに分けると2種類に分類できるんだ。それは”スピン

系”と呼ばれるタイプと”ディスタンス系”と呼ばれるタイプだよ。

両方ともその名前の通り、スピンがかかりやすいタイプとディスタンス、つまり距離が出しや

すいタイプのこと。

スピン量と一口に言っても、多すぎると空中で浮きあがる力が大きくなり過ぎて飛距離をロス

してしまうし、少なすぎると逆に浮き上がる力が減ってしまい早く落下してしまったり、グ

リーンに落ちた時に止まりづらくなる。このバランスがとても大切なんだ。

ゴルファーのほとんどは、飛んだ方が良いと考えているからついディスタンス系を選んでしま

いがちだけど、ディスタンス系はスピンがかかりづらいボールが多く、これを使うと逆に飛ば

なくなってしまうゴルファーもいるんだ。

引用:https://www.golfdo.com/

ボールの重要性は分かってもらえたかな?

じゃあ次は肝心の自分にあったボールの探し方をお話しするね。まず注目してほしいのは、あ

なたのヘッドスピード。ボールには推奨ヘッドスピードっていうのが必ずあってその範囲のゴ

ルファーが使うと性能が発揮しやすくできているんだ。

ヘッドスピードが凄く速いのに、女性向けや、シニア向けのボールを使うとボール本来の性能

が発揮されず、スピンが増えすぎたり曲りが大きくなったりしちゃう。この適正ヘッドスピー

ドはボールの箱に書いてあるからチェックしてみてね!

引用:https://www.golfdo.com/

ボール選びで大切なのが、自分が打つ球質に合わせてボールを選ぶこと。

スライス系のゴルファーはスピンが多めの方がほとんどなんだけど、スライス系の人がスピン

系を選んでしまうとスピンがかかり過ぎてしまうんだ。

逆にフック系のゴルファーはスピンが少ない方が多いのでディスタンス系を選んでしまうとス

ピンが少なすぎて早く落下してしまい飛ばなくなるゴルファーもいる。スライス系の人はディ

スタンス系、フック系の方はスピン系を基本にボールを選ぶと飛距離が得やすくなるよ。

ゴルフバッグ

クラブやボールなどを収納し持ち運びするものです。

これもピンからキリまであり好みにより選ぶ物は変わります。

これには初心者、ベテラン関係ありませんので長い目で見たら良い物を

買っておいても良いと思います。

ゴルフシューズ

足元を安定させる為ゴルフ専用のシューズが売られています。

昔は金属のピンが出たタイプでしたがグリーンを荒らす原因になる為、現在はプラスチック製

のピンが殆どです。又スパイクレスシューズも売られています。

これもこれから長くゴルフをするのであればそこそこ良い物を買っておくと長持ちします。

グローブ

これは滑り止めに右利きの方は左手にはめます。(左利きの方は右手に)

消耗品ですが薄い本革で出来たものから厚い合成皮革のもの迄様々です。

感触としては当然薄い本皮の物が良いようです。

値段は\3,000位ですので良い物を買っておくべきだと思います。

小物

小物としてはグリーンでボールを拾う時マークするマーカーやティーショット時使用する

ティーが必要となります。これらはゴルフ場にも売っていますし特別そろえる必要はあり

ませんが、ゴルフ場は高いのでゴルフショップで買っておく方が得策です。

スポンサーリンク

ゴルフウェアー

ゴルフショップに行くと華やかなウェアーがたくさん展示されています。

勿論ウェアーに凝ってそろえるのも良い事かもしれません。

しかし最低限の身だしなみをしていればゴルフは楽しめます。

  • 襟のある上着を着用
  • ズボンはスラックスでGパンは禁止
  • 半ズボンの場合はハイソックスを使用
  • 夏場を除き入館時退館時はブレザー着用

大まかにこの位のものです。

但しゴルフウェアーの方が動き易いとは思います。

スポンサーリンク

ゴルフ練習場

さあ用品が揃ったらボールを打つ練習を始めましょう。

いきなりコースに出てもうまくプレー出来ませんのでゴルフ練習場(通称打ちぱなし)で

ボールを打つ練習をします。

この場合上達の近道はゴルフレッスンを受ける事です。

自己流でやると変な癖がつき後々困る事があります。

多少お金は掛かってもレッスンプロに教えてもらった方が得策です。

あとは練習頻度によって上達度合が変わります。

当然練習すればする程上達していきます。

スポンサーリンク

ゴルフコースの予約

ある程度ボールを打つ事が出来る様になったらコースへ出ましょう。

これはゴルフ練習場では常に平坦な所で打っていますが、コースは基本ティーグランド以外

平坦な場所はありません。従って傾斜している所でうまく打つにはコースに出て感覚をつかむ

しかないからです。

さて前置きが長くなりましたがゴルフコースの予約についてお話しします。

いくつか注意点があります。

  • 1人ではメンバーで無い限り予約が取れません。
  • 2人、3人の場合特別料金を取られて高くなります。(4人が基本)
  • 4人の合計スコアが400以下になる様に組み合わせを行います。
  • メンバーの方の紹介でも予約は取れますが、最近はネットの方が割安です。
  • 平日と休日では2倍位休日の方が高くなります。

以上の事を考えて予約を取りましょう。

スポンサーリンク

ゴルフコースでのマナー

ゴルフコースでのマナーですが初心者について記載します。

  • ティーショットを打ち終わったら速やかにボール地点に向かう
  • セルフ場合クラブは何本かまとめて持っていく
  • ショートコースでは全員がグリーンに載ったらマークして後続組を先に打たせる
  • グリーン上では打ち終わった人が旗を持ちクラブも片付ける

要するにプレーの進行を早くして後続組を待たせない事です。

もちろんボールを打つ時は十分時間をかけて構いません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は全くの初心者がコースに出る迄をご紹介しました。

次回はスコア100切りについてご紹介したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする