意外と簡単バンカー脱出方法!

バンカーは苦手にしている方が多いですね。練習する所も限られているし、

練習場で良くても、ゴルフ場ではだめという方が、多いと思います。

今回は簡単にバンカーから脱出する方法を、お知らせします。

スポンサーリンク

バンカー脱出の2つのポイント

バンカーは構え方(クラブフェースの開き方)と打つポイント(スイング時にヘッドを入れるポイント)が、通常のショットと異なります。

まずは悪い例から解説します。

引用:https://gora.golf.rakuten.co.jp

バンカーでのゴルフクラブの『フェースを開く』を、理解していない方が多くいらっしゃい

ます。普通に『フェースを開く』と言われると、上記写真の様になります。

要するに、ボールは右足寄り、ハンドファーストにアドレスし、ただフェースを開くだけ

なります。この構え方はボールを直接打つ場合には、適していますが、バンカーショットで

は、向いていません。なぜならバンカーショットでは、直接ボールを打たないからです。

スポンサーリンク

バンカーショットのやり方

1.フェースの開き方

ではバンカーショットの正しいやり方(フェースの開き方)を解説します。

引用:https://gora.golf.rakuten.co.jp

  1. 普通にアプローチの構えを取ります。
  2. グリップエンドを右の股関節当たりへもっていきます。
  3. スタンスを取る。

先程の『フェースの開き方』とは異なる事が分かりますでしょうか。

バンカーではアドレス時、クラブヘッドを砂に付ける事は出来ません。

上記の様な手順をイメージして、アドレスを行います。

2.直接ボールを打たない

バンカーではボールを直接打ちません。ゴルフボールの手前の砂に、クラブヘッドを

入れます。そして砂を飛ばして、砂事ボールを脱出させるのです。バンカーではボール

の手前をダフっていれば、それだけで脱出出来ます。

ダフる事が必要ですから、ボールは左足手前に置き、クラブのソールを積極的に使い

ます。つまりハンドファーストでは無く、ヘッド位置がグリップ位置よりも先に出て

いる、ヘッドファーストに構えます。

引用:https://gora.golf.rakuten.co.jp

クラブヘッドの歯から入ると、クラブヘッドは砂の中に入ってゆき、うまく砂を飛ばす事

は出来ません。写真の様に角度を付けてクラブヘッドを入れれば、うまく砂を飛ばす事が

出来ます。またこの角度で飛ばす砂の量を調整し、ボールの飛距離を調整する事が出来ま

す。

バンカーショットと通常のショットの違い

バンカーでの構え方をマスターしたら、以下の様にしてショットを、行って下さい。

  1. ボールは左足の前に置く
  2. 手首を使う
  3. 力んで振る
  4. グリップはしっかりと握る

要するにダフる事が目的ですから、通常のショットの逆をやる事です。

フェアウェイバンカーの脱出方法

今までガードバンカーについて、話しをして来ました。

ではフェアウェイバンカーの脱出方法は、どうするのでしょうか。

まずアゴの高さでやり方が異なります。

アゴが高い場合

ガードバンカーと同じく、飛距離よりも脱出に重きを置く。

アゴが低い場合

以下の4つを意識して下さい。

  1. クラブを約1cm短く持つ
  2. ボールを半個分右足寄りに置く
  3. 脱出出来るクラブで、1番手大きいクラブにする
  4. ハーフトップを打つつもりで、しっかりスイングする

スポンサーリンク

まとめ

バンカーでは通常のショットと、逆のショットを行う事は、分かって

いただけだでしょうか。

バンカーは苦手意識を持つと、ますます苦手になってしまいます。

上記の方法でしっかり練習を行い、苦手意識を克服しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする