ドライバーの正しい打ち方と飛距離アップ!

ドライバーを飛ばす人を見ると、自分も飛ばしたと思うものです。

いつもフェアウェイキープと言いつつ、本音は飛ばしたいだと

思います。

スポンサーリンク

スイング

 

引用:https://gora.golf.rakuten.co.jp

ドライバーのような長いクラブは、スタンスからボールが遠くなります。

当然軌道は短いクラブに比べて、水平気味になります。

イメージとしては、払う感じの打ち方となります。

アイアンはクラブが短いので、ドライバーよりボールに近づかないと打てません。

スイング軌道は垂直に近くなり、アップライトな軌道を描きます。

ドライバーをアイアンの様にアップライトにテイクバックすると、フェースが

開いてしまいます。スライスの原因になりますので、要注意です。

ティーアップの理由

引用:https://www.kamakura-pg.com

ドライバーを打つ時は、普通ティーアップします。なぜティーアップするので

しょうか。

それはティーアップする事で、ボールを高く打ち出し、スピン量を抑える事が

出来ます。まさにこれが飛距離を稼ぐ方法です。

ドライバーの軌道

引用:http://golf-gakko.com

ドライバーの軌道はアイアンより水平軌道で、インパクト時最下点でクラブヘッドの

スイートスポットに当れば、クラブのロフト角通り、飛んで行きます。

軌道を修正する事で、スライスを減らす事が出来ます。又、スイートスポットに当れば

飛距離を稼ぐ事が出来ます。

無理な力を入れず、素直にスイングする事が大変重要です。

スポンサーリンク

構え方

 

引用:https://gora.golf.rakuten.co.jp

ドライバーの標準的な構え方は

  1. ボールは左かかと線上(左足寄り)
  2. 肩幅よりやや広いスタンス
  3. ボールにフェース面を合わせ、楽にスイング出来る位離れる

以上の様になります。ボールを置く位置は重要で、アッパーブローの軌道と、ティーの

高さが芯に当たるかの、決め手となります。

ミート率アップ

引用:https://gora.golf.rakuten.co.jp

飛距離アップはミート率をアップさせる事です。

では、ミート率を上げるにはどうすればいいのでしょうか?

普段の様にスイングを行い、インパクトの時にクラブを止める練習を行います。

これを続けていくと、自然と芯でボールを捉えられる様になり、実際のスイングでも

ミート率が上がってきます。ここまでくれば、フックやスライスも減り、ボールは

真っすぐとんで行く様になります。

スポンサーリンク

まとめ

ドライバーの飛距離アップは

  1. 正しいスイング(やや水平に振る)
  2. ボールを左足かかとくらいに置く
  3. スイングの軌道に合わせて、ティーアップの高さを調整する
  4. ミート率が良くなる様、寸止めの練習を行う

以上の様になります。しっかり練習をして、コツをつかみましょう。