バンカーは2打罰で外に、プレーイング4が無くなる 新ルール!

2019年1月1日より新ルールが適用されました。新ルールの主な所を

解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

静止している球

引用:https://ycc.golf

球を故意に動かした場合以外は、ほとんどが無罰となる。

  • 球を探している最中に蹴ってしまった。
  • リプレースした球が、傾斜で動いてしまった。
  • 打球が自分に当たった。

上記の様な場合は、罰無しで元に戻せる

アウトオブバーズ

引用:https://ycc.golf

従来第1打がアウトオブバーズ(OB)となった場合、決められた位置から第4打で

プレーを行っていた。

  • 球が(OB)になった場合、OBゾーンに入った付近から2打罰でプレーが続行出来る

上記の様に変更となる。

グルーン

引用:https://ycc.golf

今まで打球痕しか修復出来ず、旗竿は必ず抜く事になっていたが、

  • スパイクマークや動物の足跡
  • 旗竿を抜かずカップインしても良くなった

上記の様に変更となる。

バンカー

引用:https://ycc.golf

今までは自然の障害物は、取り除く事が出来なかったが

  • 小石や葉っぱといった「ルースインペディメント」を取り除く事が出来る
  • 「アンプレヤブル」として拾い上げ、2打罰にて後方よりプレー出来る                    (球が止まっていた位置とカップを結んだバンカーの後方延長線上に球をドロップ)
  • 手やクラブで砂に触れても罰はありません。

上記の様に変更となる。

スポンサーリンク

キャディ

引用:https://ycc.golf

今までボールをマークするのは、選手に限られていたが、

  • キャディはグリーン上にある選手のボールをピックアップしてマークすることが可能。
  • 「飛球線の後方」に意図的に立つことを禁止。(プレーヤーの後ろに立つ事を禁止)

上記の様に変更となる。

コース内の名称

引用:https://gridge.info

コース内の名称が変わります。

  • ティーインググラウンド→ティーイングエリア
  • スルーザグリーン(フェアウエーとラフ)→ジェネラルエリア
  • ウオーターハザード→ペナルティーエリア

ペナルティーエリア⇒池や小川など 水のある場所、砂漠、溶岩石などに加え、

          崖、球を見つけることや打つことが困難な場所も含む。

救済措置⇒ラテラルウォーターハザードと同じく、ペナルティーエリアから球を出すのに

     1打罰が課せられます。

その他

引用:https://ycc.golf

その他細かい所ですが、変更となります。

  • 球の捜索時間は5分から3分に短縮し、迅速化を目指す。
  • 救済で球をドロップする際には、これまで肩の高さからでしたが「ひざより上の高さ」に変更
  • 距離計測機器の使用がOKとなります。

スポンサーリンク

まとめ

ルールが簡素化されて、プレーの進行を早くする方向に、なっています。

特にバンカーやグリーンの部分は、良い方向だと思います。

但し、プレーヤーのパッティングを、後方より見てはいけないと言う所は、

かなり厳しくなった様に、思います。皆さんもしっかりルールを覚えて、

正しくプレーしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする