荒川喜光容疑者 顔画像SNSは? 9歳の娘の顔を殴り逮捕!茨城県ひたちなか市

またしても子供の虐待が起こりました。茨城県ひたちなか市で、9歳の娘の顔を殴りケガをさせたとして、傷害の疑いで工場作業員の荒川喜光容疑者が逮捕、送検された。

スポンサーリンク

事件の概要

 またしても子供虐待の事件が起こりました。茨城県ひたちなか市で9歳の娘の顔を平手打ちして、鼻に1週間の怪我を負わせる事件が起こり43歳の父親が逮捕起訴されました。

 逮捕されたのは工場作業員の荒川 善光 容疑者です。警察によりますと荒川容疑者は3月1日午前7時頃茨城県ひたちなか市の自宅で、小学3年生の娘の顔を平手で殴り鼻に全治1週間の怪我をさせた容疑が持たれています。

 怪我に気づいた学校の教師に「家に帰りたくない」と話した為、児童相談所に一時保護されました。

 調べに対して荒川容疑者は、容疑を認め「朝娘が起きなかったからしつけのつもりでやった」と話しています。警察は日常的に虐待があった可能性もあるとみて調べています。

荒川 喜光 容疑者のプロフィール

荒川 善光 容疑者のプロフィールです。

項目 情報
名前 荒川 喜光 容疑者(あらかわ よしみつ)
年齢 43歳
住所 茨城県ひたちなか市
職業 工場作業員
容疑 傷害の疑い

スポンサーリンク

傷害罪について

傷害罪とは、人の身体に傷害を負わせる行為に関する犯罪で15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられます。 「相手を殴って怪我をさせたら」というイメージが一般的ですが、例えば、精神的苦痛を与え続けて相手がうつ病になっても傷害罪になります。

荒川 喜光 容疑者の顔画像、SNS

引用:https://masamurai.com/

 非常にわかりずらい写真ですが送検される時の写真となります。いつも思う事ですが容疑者はなぜ顔を隠すのでしょうか。どうせ隠しても何れ鮮明な写真が公開されます。やはり罪の意識から顔を隠すのでしょう。

 SNSについては荒川喜光についてFacebookやツイッターをリサーチしてみました。個人を特定できるFacebookページなどは存在していません。

荒川 喜光 容疑者の職場

 工場作業員とだけしかわかりませんでした。何処に勤めているのか不明ですが、作業員という事で腕力はかなりあったと思われます。その腕力で小学生を叩いたのであれば怪我も納得できます。

スポンサーリンク

荒川 喜光 容疑者の妻

 今回の事件でもそうですが、栗原勇一朗容疑者伊藤崇容疑者の事件と同じで妻は何をしていたのでしょうか。自分の子供が虐待にあっている訳ですから、体を張ってでも助けるというのが親というものでしょう。今回は止めたのかどうかわかりませんが、3事件とも妻の存在が無い様に思えます。

栗原勇一郎容疑者事件

 今月24日、栗原勇一朗容疑者(41)は、長女の小学4年の心愛(みや)さん(10)に、シャワーで冷水を浴びせ、怪我をさせた疑いが持たれています。

 栗原容疑者自ら119番通報し、救急隊が駆け付けた時には、心愛さんは既に死亡していました。捜査関係者の話しによりますと、栗原容疑者は、しつけのためにやったもので、怪我をさせるつもりはなかった。』と供述している事が、わかりました。浴室には心愛さんのものとみられる、髪の毛が落ちていたとの事で、又心愛さんの頭皮は一部赤くなり、体には複数のあざがあった模様です。

 捜査関係者は、日常的に虐待があったものとみて、栗原容疑者から詳しく事情を聴いています

 ⇒ 詳細はこちらへ

伊藤崇容疑者事件

 1月10~14日、自宅で長男を殴る蹴るなどし、全身に2週間のけがをさせた疑い。長男は唇や背中、左腕や左脚などを打撲し、あざがある状態
 仙台北署によると容疑者は1月15日ごろ、「息子を殴ってしまったので保護してほしい」と市児童相談所に連絡。同17日、長男は通学先の中学校で児相担当者と面談し、児相に即日保護された。同21日、児相が仙台北署に通報して発覚した。同署は26日、傷害の疑いで仙台市青葉区赤坂2丁目、会社員伊藤崇容疑者(45)を逮捕した。「しつけのためにやった」と供述しているという。同署は以前から暴行を繰り返していたとみて調べる。
 調べに対し、伊藤崇容疑者は自ら児相に連絡した理由は「このまま一緒にいたら、もっとひどい結果になる」と説明しているという。
 自ら児童相談所へ通報している事は、自分自身でもいけない事をしている自覚があった様に思われる。子供のケアだけでなく親のケアも必要ではないか。

⇒ 詳細はこちらへ

スポンサーリンク

まとめ

 上記にも書きましたが母親の存在が感じられません。昔から父親は怖い存在で母親は子供を理解してくれる存在でした。こうした子供虐待の事件が続くと、母親は何をしているのだろうと考えます。しつけの為と称して怪我や死亡させてしまう父親も度が過ぎてますが、それを止める事が出来ない母親もいけません。今の子育て世代は子供の頃喧嘩をした事が無いのでしょう。だからどの程度でどの位になるというのが、わからないのかもしれません。何れにせよしつけと暴力は全く違います。こういう事件が無くなってほしいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする