浅倉桂悟の顔画像やプロフィール特定!違法改造車を車検に通す為、菊地孝之へ賄賂渡す!

危険な走行を繰り返す「ドリフト族」の男ら5人が、不正な車検を通すため自動車整備会社

の役員に賄賂を送ったとして、警視庁に逮捕されました。

スポンサーリンク

浅倉桂悟容疑者らはドリフト族の違法改造車を車検に通す為、菊地孝之容疑者に

賄賂を渡し違法に車検を通しました。

浅倉桂悟容疑者の顔画像やプロフィール、菊地孝之容疑者の会社について調査

します。

事件の概要

引用:https://news.livedoor.com/

贈賄の疑いで逮捕されたのは車で危険な走行を繰り返す「ドリフト族」の浅倉桂悟容疑者

(26)ら5人です。警視庁によりますと、5人は今年1月、加重収賄の疑いで逮捕された、さい

たま市の自動車整備会社役員、菊地孝之容疑者(50)におよそ2万円を渡す見返りに、違法に

改造した乗用車を実際に検査することなく、車検を通した疑いがもたれています。

取り調べに対し、いずれも容疑を認め、浅倉容疑者は「車検を通すためには、多額の改造費

用がかかった」という趣旨の供述をしているということです。

スポンサーリンク

浅倉桂悟容疑者のプロフィール

項目 情報
氏名 浅倉桂悟容疑者(あさくら けいご)
年齢 26歳
住所 不明
職業 不明
容疑 贈賄

スポンサーリンク

浅倉桂悟容疑者の顔画像

浅倉桂悟容疑者の顔画像です。

引用:https://antiquooo.com/

まだまだ若いです。

スポンサーリンク

菊地孝之容疑者のプロフィール

項目 情報
氏名 菊地孝之容疑者(きくち たかゆき)
年齢 50歳
会社住所 埼玉県さいたま市見沼区風渡野92
職業 大宮菊地自動車商会 役員
容疑 加重収賄

スポンサーリンク

菊地孝之容疑者の顔画像

菊地孝之容疑者の顔画像は公開されていません。

色々検索しましたが本人特定には至りませんでした。

菊地孝之容疑者の会社について

菊地孝之容疑者が経営していた会社名は大宮菊地自動車商会という会社です。

中古車販売から車検、修理、コーティングなどを総合的に請け負う会社です。

住所は 〒337-0017 埼玉県さいたま市見沼区風渡野92です。

東北自動車道岩槻インターチェンジからおりてすぐの場所です。

引用:https://antiquooo.com/

スポンサーリンク

指定整備事業とは

引用:https://www.google.co.jp/

上記の看板を掲げる整備工場は自動車の分解整備と車検を自工場で行い書類のみ

陸運支局へ提出すると継続車検が完了するシステムになっています。

この認可を取る為には組織・設備・検査員が必要となります。

検査員は陸運支局の検査員と同格であり、みなし公務員となっています。

又陸運支局による監査も行われ年一回の書類監査と現場立会の抜き打ち監査が

あります。

今回はこの車両を提示しない所を悪用し車検を通した訳です。

だから大宮菊地自動車商会役員の菊地孝之容疑者は加重収賄に問われた訳です。

スポンサーリンク

ドリフト族とは

引用:https://ja.wikipedia.org/

峠道などで無謀な運転をするローリング族、またカーブの多い首都高速道路等においてはサー

キット族(またはルーレット族)と呼ばれる違法競走型暴走族が多く現れるようになった。こ

れらはある種の顕示欲から、より危険なドライビングテクニックを披露する傾向があり、ドリ

フト走行もそのテクニックの一つとして取り入れられた。なかでも、峠道のほか都市部の港湾

地区や駐車場などにおいて、ドリフト走行を披露することを主にする者達のことは「ドリフト

」と呼ばれる。

スポンサーリンク

贈賄罪

公務員または仲裁人に対して,その担当する職務に関連して不正な賄賂を供与,申込み,約束

などすることによって成立する犯罪をいう (刑法 198) 。収賄罪よりも刑が軽い。贈賄行為は

実質的にみて収賄行為と必要的共犯関係にあるが,収賄罪の共犯として刑事責任を問うもので

はなく,独立罪として処罰するものである。

法定刑 3年以下の懲役または250万円以下の罰金に処せられる。

スポンサーリンク

加重収賄罪

公務員が受託収賄罪・事前収賄罪・第三者供賄罪を犯し、さらに請託に応じて特定の職務行為

を行ったり、行うべき職務をしなかったりする罪。

法定刑 1年以上の有期懲役に処せられる。

スポンサーリンク

ネットの反応

車検に通らないと知っていながら、
この業者へ車検に出した輩も全て摘発すべきですね。
芋づる式で簡単に出来るかと思いますよ。
路上でよく見かけるタイヤをハの字にしてる車両も危険なので
片っ端から摘発して車両も没収して欲しいですよ。

きちんとした車検を通すドリフト族も、車検前に元に戻して、車検終わったら、また改造状態にする。車検の意味あるのかなーとか思ってしまう

俺も、自分のドリ車を闇で通してもらっとったけどストリートはサーキットの自走で走る位やったし、間に何人も仲介業者が絡んで車検代高いし、車検受けるの辞めた。

こんなの、無理に捕まえなくても他に捕まえる必要のある人たち、いっぱいいるでしょ?
警察はどうして、そのへんの軽重がわかんないかな?
いいじゃん、ヤミ車検でも。検切れ乗ってる人もいるんだから。

県警は森の中からレーダー照射(速超違反検挙)するより、パトロールでこの手の車をさっさと検挙した方が社会の為だと思う。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

まとめ

車の性能を試したいならサーキットへ行くべき。

公道はみんなのものであり色んな技量の人が利用するので

公道では行ってはいけないと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする