海老原功容疑者顔画像特定? バスが崖下の転落乗客14人が重軽傷 その言い訳が酷すぎる!

群馬県南牧村でマイクロバスが転落した事故で、66歳の男が業務上過失致傷の疑いで逮捕されました。

スポンサーリンク

事故の詳細

引用:https://masamurai.com/

10日午後3時頃群馬県南牧村で、50代から80代の登山客15人を乗せたマイクロバスが崖下の林におよそ20メートル転落する事故があり、男女14人が重軽傷を負う事故がありました。

業務上過失傷害の疑いで現行犯逮捕されたのは、茨城県守谷市の自営業・海老原 功容疑者(66)歳です。警察によりますと、バスを運転していた海老原容疑者は、駐車場で停車をし、同乗者を降ろしていた際に、安全に停止する義務を怠った疑いがもたれています。

また、事故当時、バスのエンジンをかけたままだったということで、警察では、引き続き詳しい事故の原因を調べています。

スポンサーリンク

海老原功容疑者のプロフィール

海老原功容疑者のプロフィールです。

項目情報
氏名海老原 功 容疑者(えびはら いさお)
年齢66歳
住所

茨城県守谷市

職業自営業
容疑業務上過失傷害

海老原功容疑者の顔画像

現在海老原功容疑者の顔画像は公開されていません。

スポンサーリンク

事故現場は何処

事故現場は烏帽子岳登山口駐車場です。住所でいうと群馬県甘楽郡南牧村大仁田です。

地図で調べてみました。

事故原因は何

事故の直接原因は海老原容疑者が述べている通りサイドブレーキ(駐車ブレーキ)が甘かった事です。その他エンジンがかかったままになっていた事や海老原容疑者がバスに乗っていなかった事などによるものです。急な坂道で駐車する時は歯止めも必要ではないかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回死者こそ出ませんでしたが運が悪ければ多くの死者を出す所でした。バスは大勢の命を預かっています。安全には特に注意をお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする