大分県警の男性警部補フェレットに噛まれ死亡!蜂窩織炎(ほうかしきえん)を発症!

フェレットに手をかまれて17年間、感染症と闘った警察官が死亡していたことが分かりまし

た。

スポンサーリンク

フェレットに噛まれた大分県警の男性警部補が蜂窩織炎(ほうかしきえん)という

感染症にかかり、治療を行ったが2019年1月に亡くなりました。

フェレットや蜂窩織炎(ほうかしきえん)について調べます。

男性警部補のプロフィール

男性警部補のプロフィールです。

項目 情報
階級 警部補
年齢 41歳
現住所 大分県別府市
勤務先 大分駅前交番
死亡原因 蜂窩織炎(ほうかしきえん)により死亡

スポンサーリンク

フェレットとは

引用:https://www.google.co.jp/

日本において本格的にペットとして認知され始めたのは1993年春、米国人のマイケル・E・

コールマンが臭腺除去、避妊手術を施したマーシャルフェレットを輸入して日本に紹介を始め

た頃と言われている。当初ペット流通業者の扱いは少なくペットショップミヤザワが取り扱い

を主に行っていた。マイケル・E・コールマンは国際フェレット協会を設立し、フェレットの

普及に努めた。獣医師の野村潤一郎もその活動に参加し、飼育書を執筆したり、テレビ番組

「笑っていいともに!」に出演するなどして紹介を行った。その活動が実り1995年頃から一般

的にも広く知られるようになった。国際フェレット協会は公的な機関ではなく、半ば動物輸入

会社の性格を持つものであり、両氏の活動はマーシャルフェレットの宣伝活動でもあった。そ

のため現在でも日本ではマーシャルフェレットが1番のブランドとなっている。

ぬいぐるみと遊ぶフェレット

高齢期(4歳~)過ぎのマーシャルフェレット (スターリングシルバー)。4歳3ヵ月時点でまだ幼い顔付きをしている。

フェレットの行動は、まるで成長しない子猫のようであり、一生活発で好奇心が強い。しかし

フェレットは、一般的にネコよりも人間に懐き、飼い主との遊びを好む。

トイレのしつけや簡単な芸を覚えさせることも可能で、YouTubeなどの動画投稿サイトでは飼

い主がフェレットに芸をさせている様子を撮影した動画が多数公開されている。

普段の鳴き声はあまり大きくなく、機嫌が良い時は「クックックッ」、機嫌が悪い時は

「シャーッ」と鳴く程度である。また幼少の頃兄弟から引き離されるとさみしさのため

「ブェ、ブェ」というベビ泣きと呼ばれる泣き声もあげる。いずれも小さな音であり、鳴き声

によって隣家や隣室に迷惑をかけることはほとんどない。ただし、非常に驚いた時などは

「キャン!」と犬が吠える程の大声で鳴くことが稀にある。

家畜用に品種改良されてきたため飼い主から離れたフェレットが自然界で生き延びることがで

きる可能性は非常に低いと考えられている。また、ペットのフェレットは、発情期に体臭が非

常に強くなったり、凶暴になることを嫌う飼い主が多いため、大手供給社のペットは去勢・避

妊されている。このような理由から、逃げ出したフェレットが野生化して増え、群れを形成す

るという心配はないと考えられている。

スポンサーリンク

蜂窩織炎(ほうかしきえん)について

蜂窩織炎(ほうかしきえん)とは、好中球の浸潤が限局せず組織内にびまん性に広がり、細胞

間質を広範囲に融解し細胞実質を壊死させている、進展性の化膿性炎症である。蜂巣織炎(ほ

うそうしきえん)、蜂巣炎(ほうそうえん)、フレグモーネともいう。

「蜂窩」とはハチの巣のことで、顕微鏡標本上に見える、浮遊している好中球をハチの幼虫に

見立て、融解し切らずに残っている間質を巣の仕切りに見立てた名称である。

皮下組織などの疎性結合組織に好発する。また、指趾の先端部皮下で発生したものは瘭疽

(ひょうそ)という。口腔内にできたものは口底蜂窩織炎と呼ぶ。関節周囲に生じた蜂窩織炎

は感染性関節炎の鑑別疾患となる。蜂窩織炎がある場合は関節穿刺が禁忌になるからである。

蜂窩織炎は連鎖球菌、黄色ブドウ球菌 、クロストリジウム属菌、ビブリオ・バルニフィカスな

どによる皮膚感染症である。感染部位は真皮から皮下脂肪組織である。表皮に感染した場合は

伝染性膿痂疹となる。顔面、四肢に好発し、境界不明瞭な局所の発赤、腫脹、疼痛、熱感が急

速に拡大する。発熱、頭痛、悪寒、関節痛を伴うこともある。ここまでいくと血液検査でも炎

症所見がとれるが、基本的には局所感染であるため、血液検査で炎症所見はとれないことが多

い。深層の感染であるため、伝染性膿痂疹と異なり飛び火はしないと考えられている。関節周

囲に生じたときは化膿性関節炎との鑑別が難しい。化膿性関節炎では関節穿刺を行うが蜂窩織

炎の場合は化膿性関節炎を医原性に作ってしまうため関節穿刺が禁忌となる。

スポンサーリンク

ネットの反応

こんな小動物に咬まれただけで17年もの間苦しめられて、短い人生を終えられたのですね。

本当に警察官の方には頭が下がります。
いろいろ憎まれたり、疎まれたりすることも多いと思いますが、ちゃんとした警察官の方は使命をもって取り組んでると思います。

亡くなられた警察官のかたのご冥福をお祈りします。

フェレットに噛まれ17年も苦しみ命を落とすなんて…

数年前に子猫が川に落ちたと通報されたらしく警察官と消防の方が救助しているのを見ましたが 庶民のためにいろいろなことをしなければならない職業のかたは大変だと思います!

ご冥福をお祈り致します

このフェレットはわからないけど、最近は色々な種類の動物を自宅で飼う人が増えてきた。
飼うからには知識は勿論、逃げないようにしっかりと管理してほしい。

町に猿やイノシシやマムシが出た時も警察が捕獲に立ち会ったりする機会がありますが、普段取り扱った事のない動物の捕獲要請については専門知識がないと怪我をする恐れもあるし毒性のある動物は危険だと思います。
なんでも警察が処理するのが正しいのかなと感じます。

県民の暮らしを今まで守っていただいた。何か御遺族へでも、県民が寄付できる窓口とかないのかな。。。
少しでも力になりたいと思います。お悔やみ申し上げます。

スポンサーリンク

まとめ

庶民の為に働き犠牲となられた警部補やすらかにお眠り下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする