萩原良容疑者顔画像特定? 酒気帯び運転で赤信号を無視して歩行者をはね車と衝突

5日夜、兵庫・神戸市中央区の交差点で、酒気帯び運転の車が赤信号を無視して歩行者をはねたあと、別の車に衝突し、6人が重軽傷を負った。

スポンサーリンク

事故の詳細

引用:https://masamurai.com/

5日午後11時半ごろ、神戸市中央区の交差点で、赤信号を無視した軽自動車が、歩行者をはねたあと、もう1台の車と衝突しました。

警察によると、歩行者の50代の男性は、頭の骨を折る重傷軽自動車に乗っていた子ども2人を含む5人が軽傷。

警察は、軽自動車を運転していた萩原良容疑者(25)から、基準値を超えるアルコールが検出されたため、酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕しました。

萩原容疑者は、「酒を飲んで事故をした」と話しているということで、警察は、過失運転致傷の疑いも視野に捜査している模様です。

スポンサーリンク

萩原良容疑者のプロフィール

項目 情報
氏名 萩原良容疑者
年齢 25歳
住所

兵庫県神戸市長田区房王寺町

職業 会社員
容疑 酒気帯び運転及び自動車運転過失致傷

萩原良容疑者の顔画像

現在萩原良容疑者の顔画像は公開されていません。

公開され次第アップ致します。

スポンサーリンク

事故現場は

事故は何処で起きたのでしょうか。

兵庫県神戸市中央区小野柄通の「三宮東交差点」です。

現場はJR三宮駅の近くということです。

事故原因は

本人も自供している通り「飲酒」が原因です。飲酒により正常な判断が出来なくなり赤信号を無視して突っ込んでいます。撥ねられて怪我された方、衝突された方が大変気の毒です。

飲酒運転は絶対許されません。厳しく罰して頂きたいものです。

スポンサーリンク

飲酒運転

飲酒運転をすると罰が重くなります。ではどの程度重くなるのでしょうか。

酒気帯び運転の違反と点数

呼気呼気1リットル中のアルコール量が0.15mg以上、0.25mg未満の場合はより軽い酒気帯び運転違反となります。この時の違反点数は13点です。ただし、他の違反と併せて違犯してしまったときはより大きな点数が付されることとなります。

呼気呼気1リットル中のアルコール量が0.25mg以上となるとより重い酒気帯び運転となります。0.25mg以上であれば何mgであっても違反点数は25点です。この場合、他の違反と併せてより大きな点数が付されることはありません。(ただし事故を起こしてしまうと、事故の点数が加算されます。)

酒気帯び運転の免許の処分と刑罰

0.15mg以上、0.25mg未満の酒気帯び運転の行政処分

0.15mg以上、0.25mg未満の酒気帯び運転の違反点数は原則として13点です。13点は前歴がない方にとっては免許の停止90日となります。しかし、前歴が1である方がこの酒気帯び運転をしてしまうと前歴1+13点で免許の取消の対象となってしまいます。

その他、酒気帯び運転の取り締まりの際に他の違反もしていると13点では済まないこともあります。他の違反の内容によっては14点から19点が付されますので、前歴がない方でも免許の取消の対象になってしまう可能性もあります。

0.15mg以上

0.25mg未満

13点

免許の停止

(前歴ありは

取消し)

0.25mg以上の酒気帯び運転の行政処分

0.25mg以上の酒気帯び運転は25点の違反点数が付されます。25点の違反点数は前歴がない方でも免許の取消の対象となりますし、欠格期間も2年となり、重い処罰が用意されています。0.25mg以上の酒気帯び運転は他の違反と同時にしてしまっても点数は25点のままです。ただし、酒気帯び運転で事故を起こしてしまうと、事故の点数は加算されます。

0.25mg以上 25点

免許の取消し

(欠格期間2年)

酒気帯び運転の刑事罰

刑事罰については酒気帯び運転として違反と認められれば、アルコール量の区別なく「3年以下の懲役、または50万円以下の罰金」となります。

0.15mg以上は全て

3年以下の懲役、

または

50万円以下の罰金

スポンサーリンク

まとめ

つい最近も三ノ宮駅近くで大きな事故が有ったばかりです。幸い今回は死者は出ていませんが死者が出てもおかしくない事故です。飲酒運転は絶対しない様にしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする