皆見真理子さん顔画像特定? 高校生の自転車にぶつけられて頭を打ち死亡!

大分市で29日の夜、高校生が乗っていた自転車が歩道で61歳の女性とぶつかり、女性は頭を打って、30日夜死亡しました。

スポンサーリンク

事故の詳細

 29日午後8時半すぎ、大分市小池原の県道松岡日岡線で、歩道を走っていた自転車が前を歩いていた女性にぶつかりました。この事故で、ウォーキング中だった近くに住む主婦・皆見真理子さん(61)が頭を強く打って市内の病院に運ばれ、30日夜になって容体が急変し死亡しました。

 警察によりますと、自転車は大分市内に住む17歳の男子高校生が乗っていて、学校から帰宅する途中だったということです。警察は男子高校生から事故当時の状況を聞き、過失致死の疑いで原因を調べています。

スポンサーリンク

皆見真理子さんのプロフィール

皆見真理子さんのプロフィールです。

項目情報
氏名皆見真理子さん(へんみ まりこ)
年齢61歳
住所大分県大分市小池原
職業不祥
容態頭を打って入院30日に容態が急変し死亡

皆見真理子さんの顔画像

現在皆見真理子さんの顔画像は公開されていません。

スポンサーリンク

事故現場

事故現場は大分県大分市小池原の県道松岡日岡線という事ですので地図で検索してみました。

学校の近くの県道610号線です。片側2車線の道路で左右に割りと幅のある歩道が整備されています。歩道は自転車通行可となってはいないので、本来であれば車道の左端を通行します。

これが歩道を通行していたとなるとそれがそもそも違反となります。

少年は罪に問われる

少年は17歳の未成年ですが罪に問われるのでしょうか。

自転車事故の場合,業務上過失致死傷罪(刑法211条1項)に問われることがあり,同罪の法定刑は,5年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金です。

問題は未成年の場合ですが,被害弁償や示談の有無及び被害者の処罰感情が少年の処分に大きく影響することになるので,弁護士を介して迅速で納得のいく示談をすることが重要です。

いかに早く示談するかが重要だといえます。

スポンサーリンク

賠償はどうなる

自動車と比べると自転車を運転する危険性は軽視されがちですが、道路交通法上では自動車事故も自転車事故も同様に交通事故として扱われます。

自転車での事故だからといって、加害者の責任が直ちに軽くなるわけではありません。

また、自転車事故は若者と子供が事故当事者の大半を占めていたり、無保険である場合が多いため、問題が深刻化しやすいのも特徴です。

過去の判例では9500万円といった高額賠償も出ています。従って自転車保険い加入する事をお勧めします。自動車保険に付帯出来ますので簡単です

スポンサーリンク

まとめ

今回自転車による死亡事故が発生しました。道路交通法では自動車も自転車も同じ部類に属します。自転車を運転する時も道路交通法を守って運転しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする