平山勝也の顔画像特定!?勤務先は何処?また虐待?ソファーから落ち急性硬膜下血腫!

大阪府東大阪市で2018年7月、当時生後4カ月の長女の頭に暴行を加え、

重傷を負わせた疑いで平山勝也容疑者が逮捕された。

スポンサーリンク

長女を虐待したとして平山勝也容疑者が逮捕されました。

本人はソファーの上から落ちたと供述しています。

事件の真相や勤務先について調べます。

事件の詳細

傷害の疑いで逮捕されたのは、会社員の平山勝也容疑者(37)。

平山容疑者は2018年7月17日の夜、当時住んでいた東大阪市内の集合住宅の部屋で、

生後4カ月の長女の頭に暴行を加え、急性硬膜下血腫などの重傷を負わせた疑いが

持たれている。

警察によると、当時、妻は風呂に入っていて、平山容疑者は「あやしたが泣きやまず、

ソファに寝かせてトイレに行った。ドンという音がしたので駆け付けると落ちていた」

と説明していたという。

ソファの高さはおよそ30cmで、床にはじゅうたんが敷かれていた。

警察の調べに対し、平山容疑者は「やっていない」と供述して、虐待を否認している

スポンサーリンク

平山勝也容疑者のプロフィール・顔画像

項目 情報
氏名 平山勝也容疑者(ひらやま かつや)
年齢 37歳
住所 大阪氏生野区(事件当時は大阪府東大阪市)
職業 会社員(派遣会社勤務)
家族 元妻(40) 長女 離婚済
容疑 傷害罪

現在平山勝也容疑者の顔画像は公開されていません。

スポンサーリンク

事件現場、事件の状況

事件現場は当時すんでいた東大阪市の集合住宅です。

平山容疑者は「あやしたが泣きやまず、ソファに寝かせてトイレに行った。

ドンという音がしたので駆け付けると落ちていた。」

と供述しちますが、床にはじゅうたんも敷かれており、この状態では

急性硬膜下血腫にはならないと警察は踏んでいます。

おそらく床に叩きつけたと踏んで逮捕に踏み切りました。

スポンサーリンク

傷害罪

傷害罪とは、人の身体に傷害を負わせる行為に関する犯罪で

15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられます。

「相手を殴って怪我をさせたら」というイメージが一般的ですが、

例えば、精神的苦痛を与え続けて相手がうつ病になっても傷害罪になります。

傷害罪は法定刑が幅広く初犯か再犯か被害者の怪我の程度、示談の有無など

により刑期は変わります。日本の法律の中でも厳しい部類に入ります。

スポンサーリンク

ネットの反応

・嘘だとは思うけれど、生後四ヶ月の赤ちゃんをソファーに寝かしつけるのも

 危険だろうが。

・虐待してすっとぼけて罪を逃れようとしてますね。

 同じ事をしてやりたいけど無理なので死刑でお願いします。

・4か月で寝返りは出来ないと思いますし
30cmの高さから落ちたのなら そんな重症にはならないでしょう。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

まとめ

子供の虐待事件は無くならないですね。

何がそこまでさせるのでしょうか。

自分の過去の体験でしょうか。

それにしても手加減を忘れてはいけません。

もうしつけの領域を越えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする