飯塚幸三さん顔画像 渋谷で暴走事故! 松永真菜(まな)さん(31)と長女莉子(りこ)ちゃん(3)死亡 運転操作ミスか

東京池袋の都道で乗用車が暴走母子2人が死亡8人が重軽傷を負った事故で、車は二つの交差点に赤信号を無視して進入していたことがわかった。ブレーキをかけた形跡はなく、加速しながら次々と通行人をはねていた。

スポンサーリンク

事故の概要

引用:https://www.tokyo-np.co.jp/

19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋四の都道交差点で、板橋区弥生町、無職飯塚幸三さん(87)の乗用車が、横断歩道を自転車で渡っていた豊島区東池袋二、無職松永真菜(まな)さん(31)と長女莉子(りこ)ちゃん(3)や歩行者らを次々とはねた。松永さん親子は病院で死亡が確認された。ほかに、飯塚さんを含む40~90代の男女8人が骨折などの重軽傷を負いました。

 警視庁交通捜査課によると、ドライブレコーダーに残された音声から、飯塚さんは事故直前、同乗していた80代の妻から「危ないよ。どうしたの」と声をかけられ、「どうしたんだろう」と答えていた。事故後、息子に「アクセルが戻らなくなって、人をいっぱいひいてしまった」と電話していた様です。

 飯塚さんは池袋駅方面から南東に走行中、道路左側のガードパイプに接触。スピードを緩めずに約150mにわたって暴走した。その間、横断歩道で自転車の70代の男性をはね二カ所目の横断歩道で、自転車に乗っていた松永さん親子をはねた。さらに、左側から来たごみ収集車と衝突し、別の横断歩道に突入。歩行者4人をはねた。対向車線で信号待ちをしていたトラックにぶつかって止まった。

 現場は片側二車線の直線。いずれの横断歩道も飯塚さんの側が赤信号だったと、交通捜査課はみている。目立ったブレーキ痕はなかった。

 警視庁は、飯塚さんが運転操作を誤った可能性があるとみて、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで調べている。飯塚さんは2017年に免許を更新していた。

引用:https://www.tokyo-np.co.jp/

スポンサーリンク

飯塚幸三さんのプロフィール

加害者飯塚幸三さんのプロフィールです。

項目 情報
氏名 飯塚幸三さん
年齢 87歳
住所

東京都板橋区弥生町

職業 無職 旧通産省の元工業技術院長 クボタ副社長
学歴 東京大学卒
勲章 瑞宝重光章

スポンサーリンク

飯塚幸三さん顔画像

エリート元官僚で今回2人を死亡させ7人に重軽傷を負わせた飯塚さんの顔画像です。

引用:https://cyoppaya.com/

松永真菜さんのプロフィール

被害者松永真菜さんのプロフィールです。

項目 情報
氏名 松永 真菜さん
年齢 31歳
住所

東京都豊島区東池袋二

職業 無職

スポンサーリンク

事故の時系列

引用:https://news.yahoo.co.jp/

  1. ガードパイプにぶつかる
  2. 一つ目の横断歩道で自転車に乗った男性をはねる
  3. 二つ目の横断歩道で自転車に乗った母子をはね死亡させる
  4. 交差点内でごみ収集車と衝突
  5. 三つ目の横断歩道で歩行者4人をはねる
  6. 赤信号で停車中のトラックにぶつかり停止する

この間約150m暴走しています。

スポンサーリンク

なぜ加害者なのに「さん」が付くの

池袋で母娘を死亡させる交通事故を引き起こした飯塚幸三さんに対し、地上波のニュースなどマスコミが「さん」付けで呼ぶなど配慮した様子があることから、ネットでは飯塚幸三さんの素晴らしい経歴に対する忖度ではないかと揶揄されています。

現在こそ飯塚幸三さんは無職ですが、以前はクボタ副社長で天下り官僚だったことが明らかになっています。マスコミでは何故か加害者ではなく、被害者側の遺族に対する取材を続けていることから、交通事故とは別の問題も派生しそうな様相です。

瑞宝重光章を受賞していた

飯塚さんは過去に瑞宝章を受賞していたことも明らかになっていました!

瑞宝章とは聞き慣れない言葉ですが、日本の勲章の一つであり、長年の功労を積み重ね成績をあげた人の中で特に重要な職務を果たした人のみに送られるものです。

内閣総理大臣から直接受章するもので飯塚さんは平成27年に受賞されていました。

飯塚さんは長きにわたり「JISとSIに基づく量記号・単位記号の使い方」を発表していたことが受章のきっかけだと言われています。

スポンサーリンク

まとめ

今回87歳の老人が運転する乗用車が暴走し2人が死亡、7人が重軽傷を負いました。この高齢社会高齢ドライバーも致し方ないかもしれません。しかし公共交通の便が良い東京なら車が無くても十分生活していけると思います。都会では自主返納を推進しても良いのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする