伊藤サユリ容疑者顔画像特定? 乳児が泣き止まず投げつける その行動が酷すぎる!

生後約1カ月の男児に暴行を加えて死亡させたとして、神奈川県警は23日、神奈川県大和市、無職、伊藤サユリ容疑者(36)を傷害致死の疑いで逮捕しました。

スポンサーリンク

事件の経緯

引用:https://sawasaura.net/

 生後約1カ月の男児に暴行を加えて死亡させたとして、神奈川県警は23日、神奈川県大和市、無職、伊藤サユリ容疑者(36)を傷害致死の疑いで逮捕しました。

 逮捕容疑は2018年8月22日ごろ、自宅の居室で、当時生後約1カ月だった長男の湊ちゃんに暴行し、翌23日に急性硬膜下血腫により死亡させたとしている。県警の調べに、伊藤容疑者は「子どもが泣きやまずパニックになった」と供述。投げつけたり、激しく揺さぶったりしたと説明している。

 伊藤容疑者は暴行の後、自ら119番して湊ちゃんは病院に搬送され、搬送先の病院が110番していた。伊藤容疑者は夫と湊ちゃん、長女(3)と暮らしています。

スポンサーリンク

伊藤サユリ容疑者のプロフィール

伊藤サユリ容疑者のプロフィールです。

項目 情報
氏名 伊藤サユリ容疑者(いとう さゆり)
年齢 36歳
住所 神奈川県大和市下鶴間
職業 無職
家族 夫、長女(3)、長男(1)
容疑 傷害致死

伊藤サユリ容疑者の顔画像

現在伊藤サユリ容疑者の顔画像は公開されていません。

スポンサーリンク

事件現場

自宅がある神奈川県大和市下鶴間迄はわかっています。

地図で検索してみました。

やはりこれ以上は何か目印(お店等)がないと絞り切れません。

男児の死因は急性硬膜下血腫

急性硬膜下血腫とはどんな状態なのでしょうか。調べてみました。

硬膜は頭蓋骨のすぐ内側にあり、頭蓋内で脳を覆っている結合識性の強い膜です。この硬膜の内側で脳の表面に出血が起こると、出血した血液が硬膜の直下で脳と硬膜の間に溜り短時間のうちにゼリー状にかたまって、脳を圧迫します。これが急性硬膜下血腫です(図1)ほとんどが大脳の表面に発生しますが、ごく稀には左右の大脳半球の間や小脳表面(後頭蓋窩)に発生することもあります。急性硬膜下血腫は予後不良を示唆する所見として重要です。

図1 急性硬膜下血腫

スポンサーリンク

傷害致死

伊藤サユリ容疑者は傷害致死で逮捕されました。殺人罪には問われていません。殺人と傷害致死の違いを調べてみました。

傷害致死罪

身体を傷害し、よって人を死亡させた場合には傷害致死罪となる(刑法205条)。 法定刑は3年以上の有期懲役。

殺人罪

殺人罪(さつじんざい)とは人を殺すことによって成立する犯罪である。 日本法においては、刑法199条に規定された、故意による殺人を内容とする犯罪のみを「殺人罪」と呼称する。

よって違いは殺意があったかなかったかと故意に人を死に至らしめたか否かです。

スポンサーリンク

まとめ

またしても幼児虐待が発生しました。これは罪を犯した本人が一番悪いですが、その状態にまでしてしまった家族も悪いのです。核家族化で夫婦と子供しかなく、夫の役目は重大です。協力がないと子育てはうまくいきません。伊藤サユリ容疑者がその状態にあったかどうかはわかりませんが、少なくとも手を差し伸べる事が出来たならこんな悲劇は起こらなかったでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする