伊藤崇容疑者 顔画像は? 中学1年の長男を暴行! その生い立ちは【仙台市青葉区】

 またしても虐待の事件が起きてしまいました。仙台市青葉区の会社員伊藤崇容疑者(45)は中学1年の長男(12)への傷害容疑で逮捕された。逮捕容疑となった暴行は「背中や口、足などにけがを負い、看過できない程度」だったため、児童相談所は長男の保護に踏み切った。

スポンサーリンク

事件の概要

 1月10~14日、自宅で長男を殴る蹴るなどし、全身に2週間のけがをさせた疑い。長男は唇や背中、左腕や左脚などを打撲し、あざがある状態。
 仙台北署によると容疑者は1月15日ごろ、「息子を殴ってしまったので保護してほしい」と市児童相談所に連絡。同17日、長男は通学先の中学校で児相担当者と面談し、児相に即日保護された。同21日、児相が仙台北署に通報して発覚した。同署は26日、傷害の疑いで仙台市青葉区赤坂2丁目、会社員伊藤崇容疑者(45)を逮捕した。「しつけのためにやった」と供述しているという。同署は以前から暴行を繰り返していたとみて調べる。
 調べに対し、伊藤崇容疑者は自ら児相に連絡した理由は「このまま一緒にいたら、もっとひどい結果になる」と説明しているという。

 自ら児童相談所へ通報している事は、自分自身でもいけない事をしている自覚があった様に思われる。子供のケアだけでなく親のケアも必要ではないか。

伊藤崇容疑者のプロフィール

伊藤崇容疑者のプロフィールを紹介します。

項目 情報
氏名 伊藤 崇(いとう たかし)容疑者
年齢 45歳
住所 仙台市青葉区赤坂2丁目
職業 会社員
逮捕容疑 長男への暴行傷害容疑

スポンサーリンク

伊藤崇容疑者の自宅

 伊藤崇容疑者の自宅を調べてみました。番地迄公開されていませんが、この付近の地図を添付します。

伊藤崇容疑者の顔画像SNS

伊藤崇容疑者の顔画像ですが今のところマスコミやテレビなどでは報道されていません。

 念のためにSNSを調べてみましたが同姓同名のアカウントは存在するのですが、本人と断定できるアカウントは発見できませんでした。

スポンサーリンク

伊藤崇容疑者の生い立ち

写真はイメージです。

引用:http://korekarazizake.com/

 伊藤 崇容疑者はどんな生い立ちだったのでしょうか。現在ネットには公開されていませんが想像するに、親から同じ様に暴行を受けていたのでしょう。正に負の連鎖ですね。状況が分かり次第公開致します。

伊藤崇容疑者の評判

一部の近隣住民も「虐待」を疑っていた。30代の無職女性は「最近も家から怒鳴り声が聞こえた。同級生の母親らの間でうわさになり、(警察や児相に)通報した方がいいか悩んでいる知人もいた」と証言した。                                 長男と同じ小学校だったという男子中学生(13)は「(長男の)兄弟から『お父さんから(長男が)暴力を受けている』という話を聞いた。止めに入ったお母さんは『出て行け』と言われたらしい」と明かした。                                 好印象を持っていた住民もおり、容疑者を知るパート女性(39)は「明るい人で、虐待するようには見えなかった」と語った。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

栗原勇一郎容疑者同様二面性の性格だったのかもしれません。こういう人物は実は他人の評判をとても気にする傾向があり、えてして外面は好印象な方が多い傾向にあります。

スポンサーリンク

伊藤崇容疑者の母親

写真はイメージです。

引用:http://korekarazizake.com/

 母親は何処にいたのでしょうか。その現場にいたのであれば子供をかばう行動には出なかったのでしょうか。何故か栗原勇一郎容疑者の起こした事件と同じ様な気がします。

栗原勇一郎容疑者の事件

 栗原勇一朗容疑者(41)は、長女の小学4年の心愛(みや)さん(10)に、シャワーで冷水を浴びせ、怪我をさせた疑いが持たれています。

栗原容疑者自ら119番通報し、救急隊が駆け付けた時には、心愛さんは既に死亡していました。捜査関係者の話しによりますと、栗原容疑者は、『しつけのためにやったもので、怪我をさせるつもりはなかった。』と供述している事が、わかりました。浴室には心愛さんのものとみられる、髪の毛が落ちていたとの事で、又心愛さんの頭皮は一部赤くなり、体には複数のあざがあった模様です。

スポンサーリンク

まとめ

 今回の事件は自ら危ないと児童相談所に連絡を入れています。その点まだいけない事をしているといった自覚があったと思います。栗原勇一郎容疑者の様に、死に至らしめる所までにならずその点は良かったと思います。今後この様な事件が無くなる事を期待します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする