金子龍司容疑者の顔画像は?車が暴走信号待ちの歩行者3人を撥ねる!

 13日朝千葉県野田市で介護施設に車が突っ込み、歩道で信号待ちをしていた60代から70代と見られる3人が撥ねられ死亡しました。車は植え込みをなぎ倒し建物の壁に正面から衝突、フロント部を大破しフロントガラス一面ひびだらけでエアバックが膨らんでいた。運転していたのは金子龍司容疑者(42)で、過失運転致傷の現行犯で逮捕し、容疑を過失運転致死に切り替えて捜査している。

スポンサーリンク

事件の概要

引用:http://diary.ponkichi01.com/

 3月13日午前7時半ごろ、千葉県野田市清水公園東2丁目の市道で乗用車が歩道に突っ込み、60代と70代の男女3人をはねた。2人は即死1人は病院に運ばれたが死亡しました。県警は車を運転していた同市光葉町1丁目の自称会社員、金子龍司容疑者(42)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕した。住民によると、男性は交差点で子どもたちの見守り活動中で、女性2人は散歩中だったという。

現場にブレーキ痕がなかった事から故意に突っ込んだか、意識を失っていたと考えられ、金子容疑者は「出勤途中だった。意識を失った」と供述しているという。

県警によると、現場は片側1車線の市道で、西側から来た車が対向車線を越え、3人をはねた。車はさらに交差点を越え、高齢者施設の壁にぶつかって止まった。

スポンサーリンク

金子龍司容疑者のプロフィール

項目 情報
氏名 金子 龍司 容疑者(かねこ りゅうじ)
年齢 42歳
住所

千葉県野田市光葉町1

職業 自称 会社員

金子龍司容疑者顔画像、SNS

 残念ながら金子容疑者の顔写真は何処にも公開されておりませんでした。公開され次第ご紹介致します。

Twitterの検索結果は本人かどうか特定出来ていませんが ⇒ こちらをご覧下さい

事故現場

引用:http://diary.ponkichi01.com/

 

 西側から走行してきた金子容疑者の車が交差点を横切りこの時3人を撥ねた。その後対向車線を横切って野田ライフケアセンタークリニックにぶつかり停車している。

スポンサーリンク

自動車運転過失致死傷罪

 過失運転致死傷罪(かしつうんてんちししょうざい)とは、自動車の危険運転で人にケガをさせるまたは死亡させたときに問われる罪です。罰則は7年以下の懲役・禁固又は100万円以下の罰金刑が科せられます。更に飲酒や薬物を使用しての運転は、更に重い危険運転致死傷の罪に問われます。

気を失う病気

 金子龍司容疑者は「気を失って事故を起こした」と証言しています。体調が優れなかったようですが気を失う病気というものがあるのでしょうか。考えられる病気とその症状を見てみましょう。

てんかん

 脳の慢性的な疾患とされており、脳の神経細胞に突然激しい電気的興奮が発生して発作が起きます。

 発作は個々によって症状は様々ですが手足をガクガクとさせたり、手足が突っ張り体が硬直したり、そして短時間意識が失われたりします

睡眠時無呼吸症候群

 睡眠時無呼吸症候群は最近テレビの医療番組でも取り上げられるようになってきた為、その言葉を耳にしたことのある人も多いかもしれません。睡眠時呼吸が止まり慢性的な酸素不足の為、車の運転中眠気を誘発するものです。

この病気が原因で死亡事故が発生しています。昨年11月、川崎市営バスが乗用車に追突して乗客1名が亡くなりました。

ナルコレプシー

 ナルコレプシーはてんかんや無呼吸症候群に比べるとあまり聞きなれない病気です。それもそのはず。この病気は500人に1人という割合で発症する罹患者が少ないものになります。

 過眠症の一種とされ症状としては日中にいきなり眠り込んでしまう眠っていると体がいきなり動かない金縛り状態に陥るなどの症状が見られます。

死亡した男性

 今回の事故に巻き込まれ死亡した男性は、子供たちの登下校を見守る活動をしていました。交差点で横断の整理をしていた様です。

過去の暴走事故

過去に車が暴走した事故をご紹介します。

松木謙汰さん事故

警察によると、3月3日午前2時頃、仙台市太白区の県道で普通乗用車が車線をはみ出し、反対側の街路灯や街路樹をなぎ倒しながら、およそ50メートル暴走しラーメン店の壁に激突、弾みで横転、大破して止まった。

この事故で、名取市の専門学校生・松木謙汰さん(21)が頭などを強く打ち死亡した。

当時、ラーメン店は閉店時間で、2階が住居となっていた為怪我人は出ませんでした。

詳細はこちらをご覧下さい ⇒ 詳細

スポンサーリンク

まとめ

 金子容疑者はどういった事情かわかりませんが、気を失ったと証言しており何らかの病気を持っていた様に思います。その病気に気づいていたのかどうかはわかりませんが、わかっていたのならとても重大な危険行為です。車の運転は疲れただけで「過労運転」という立派な違反になります。くれぐれも体調不良の時は乗らないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする