川島美沙さん顔画像 女性死亡遺族河村孝之さんが病院を提訴 陣痛促進剤投与後なぜ?

神奈川県内の病院で、陣痛促進剤を投与され、その後、出血大量の末亡くなった女性の遺族が、病院側に過失があったとして、およそ1億4,200万円の損害賠償を求める訴えを起こした。

スポンサーリンク

事件の経緯

引用:https://news.goo.ne.jp/

川島美沙さん(当時29)は、2017年、神奈川県内の産婦人科のクリニックで、長男を出産する際、陣痛促進剤を投与され、出血多量の末、亡くなったという。

川島さんの父親河村孝之さんは、陣痛促進剤が適切に投与されず、その後、止血や輸血などの処置が行われなかったとして、病院側を相手に、およそ1億4,200万円の損害賠償を求める訴えを起こした。

川島美沙さんのプロフィール

項目情報
氏名川島美沙さん(かわしま みさ)
年齢死亡当時29歳
住所不明

情報が少なく氏名と死亡当時の年齢しか見つかりませんでした。今後詳細が分かり次第アップします。

スポンサーリンク

川島美沙さんの顔画像

引用:https://www.fnn.jp/

出産直後の写真です。この後出血多量でお亡くなりになりました。

スポンサーリンク

川島美沙さんSNS

Facebookを検索しましたが特定には至りませんでした。

検索結果 ⇒ こちらです

陣痛促進剤はどんな時使う

陣痛促進剤(じんつうそくしんざい)とは、子宮の収縮(陣痛)を促して分娩を開始させたり、弱い陣痛を促進させたりするために用いる薬剤である。 子宮収縮剤(しきゅうしゅうしゅくざい)とも呼ばれる。

過期産の予防

予定日を1週間ほど過ぎても陣痛が始まらない場合など。分娩週数が妊娠42週を過ぎた過期産では、主に胎盤機能の低下により新生児の合併症が増加することが知られている。そのため、目安として妊娠40週0日である出産予定日をある程度過ぎても陣痛が発来しない場合、妊娠41週6日までの出産をめざし過期産を予防するために分娩誘発が行われることが多く、その場合に使用される。

前期破水

陣痛発来以前に破水を来した場合、子宮内感染の危険が高まることから分娩誘発が必要となることがあり、その場合に使用される。

子宮内環境/母体の健康の悪化

胎盤機能の悪化、子宮内感染、胎児の臓器不全などにより、長く胎児が子宮内に留まっている事がデメリットになる場合や、妊娠高血圧症候群などの母体合併症のため妊娠の継続が母体の健康を著しく損じると考えられる場合、分娩誘発が必要となることがあり、その場合に使用される。

微弱陣痛

母体疲労などのため陣痛力が弱い場合。分娩せずに長時間経過すると母体にも胎児にも危険である。

陣痛促進剤の安全性

出産の9割近くは正常な出産であり、自然な経過で出産にいたる。時間帯によっては医師の人手が足りない場合は多く陣痛促進剤の使用が止むを得ない場合もある。しかし薬剤には必ず副作用があり、不適切な使用によって問題を引き起こす場合もある。死亡例も多々確認されており、多用が問題視されている。

薬剤の使用に当たって、その反応には個体差があるため、陣痛が強くなり過ぎて、まれに子宮破裂や胎児仮死などが起こる危険性がある。そのような危険を避けるために、薬剤の使用に際しては精密輸液ポンプを用い、投与量について細心の注意が払われたり、陣痛や胎児の状態を的確に把握するために分娩監視装置を装着するなどの処置が行われたりする。

お産の危険性

ヒトは他の哺乳類と比べて、頭が大きかったり二足歩行で内臓を支えるために骨盤が狭まっていたりする分、出産が「重い」傾向にある。時に医療の介入も止む無しであるがその介入によって更に危険性が高まる事がある。

スポンサーリンク

まとめ

今回陣痛促進剤の使用によりお亡くなりになりましたが、本当の関連性は明らかになっていません。但し一番喜ばしい時に一番悲しい事が起こった事は悲劇としか言いようがありません。妹さんの言葉がとても印象てきでした。「最初に抱っこしたかったはずなのに、抱っこできないまま、1歳の誕生日を迎えることも一緒にできなくて」と語っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする