木下玲子容疑者顔画像特定? 父親に灯油をかけ火をつける 父親は焼死母親もやけど!

5月21日、福岡市の住宅で71歳の男性が死亡した火事で、福岡市南区の無職・木下玲子容疑者(35)が殺人と放火の疑いで逮捕されました。

スポンサーリンク

事件の詳細

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

殺人現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは、福岡市南区の無職・木下玲子容疑者(35)。

警察によると、木下容疑者は5月21日の未明、自宅のベッドにいた父親の恵一さん(71)の体付近に油のような物をかけて火をつけ、焼死させた疑い。

木下容疑者は出火当時、「父親に灯油をかけて火をつけた」と自ら消防に通報していた。

父親の恵一さんは介護が必要な状態だったとみられていて、調べに対し木下容疑者は容疑を認めている。

この火事では家にいた60代の母親上半身などをやけどして現在も入院していて、警察は母親への傷害容疑でも捜査する方針。

スポンサーリンク

木下玲子容疑者のプロフィール

木下玲子容疑者のプロフィールです。

項目 情報
氏名 木下玲子容疑者(きのした れいこ)
年齢 35歳
住所

福岡県福岡市南区

職業 無職
容疑 殺人、現住建造物等放火(母親に対する傷害)

木下玲子容疑者の顔画像

現在木下玲子容疑者の顔画像は公開されていません。

スポンサーリンク

事件現場

引用:http://diary.ponkichi01.com/

焼け残った木下邸です。

事件現場は福岡県福岡市南区の自宅です。地図で検索してみました。

事件の動機は

殺人の動機はいくつか考えられます。

  • 普段から父親と木下玲子容疑者はいさかいがあった。
  • 父親の介護に疲れていた。
  • 木下玲子容疑者は精神的な問題を抱えていた。

何れにしましても介護が相当な重みになっていた事は事実だと思います。

そんな事の積み重ねが犯行に及んだ原因かもしれません。

ただ腑に落ちないのは父親の介護は普通母親が行うと思います。

ひょっとすると母親も介護が必要になっていたのかもしれません

こうなると二人の世話をするのですから負担は相当なものです。

想像の世界ですがこんな所が犯罪の引き金になったのかもしれません。

スポンサーリンク

木下玲子容疑者の今後の流れ

木下玲子容疑者の逮捕容疑は 殺人 放火 です。

引用:http://diary.ponkichi01.com/

警察は、「証拠隠滅」「逃亡」をさせないために、容疑者として逮捕します。

48時間以内に取り調べて、釈放するか検察へ送るかが決まります。

今回は、木下玲子容疑者は必ず検察へ送られるでしょう。

殺人と放火なのでかなりの重罪です。

殺人罪は刑法199条です。

法定刑、罰則、量刑は、死刑または無期懲役もしくは、5年以上の懲役です。

放火・現住建造物等放火罪は刑法108条です。

法定刑、罰則、量刑はなんと殺人と同じで、

死刑または無期懲役もしくは、5年以上の懲役です。

傷害罪は人の身体に傷害を負わせる行為に関する犯罪です。

15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられます。

これに母親への傷害罪が適用されるとかなりの刑期となると思います。

スポンサーリンク

まとめ

木下玲子容疑者はよほど介護に疲れていたのでしょう。父親を殺してまで現状から逃れたいと思ったのですから相当なものです。そうなるまでに近所、行政は手を差し伸べる事が出来なかったのでしょうか。ここまで追い込んで残念でしかたありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする