少女虐待死 父親栗原勇一郎容疑者は二重人格者か!

今月24日に、千葉県野田市で小学4年生の長女・心愛さん(10)は、父親から虐待を受け死亡しました。栗原勇一朗容疑者は『しつけのつもりで、けがをさせるつもりはなかった』と供述しています。父親の栗原勇一郎容疑者(41)の人物像に迫ります。

スポンサーリンク

事件の概要

引用:https://jyouhou-knt.com

今月24日、栗原勇一朗容疑者(41)は、長女の小学4年の心愛(みや)さん(10)に、シャワーで冷水を浴びせ、怪我をさせた疑いが持たれています。

栗原容疑者自ら119番通報し、救急隊が駆け付けた時には、心愛さんは既に死亡していました。捜査関係者の話しによりますと、栗原容疑者は、『しつけのためにやったもので、怪我をさせるつもりはなかった。』と供述している事が、わかりました。浴室には心愛さんのものとみられる、髪の毛が落ちていたとの事で、又心愛さんの頭皮は一部赤くなり、体には複数のあざがあった模様です。

捜査関係者は、日常的に虐待があったものとみて、栗原容疑者から詳しく事情を聴いています。

その後の続報です。3月29日21:33

 千葉県野田市で10歳の女の子が死亡した事件で、千葉地検は3月29日、父親を女の子への強要と妻への暴行の罪で追起訴した。

 起訴状などによると栗原勇一郎被告は今年1月、娘の心愛さんを立たせ続けるなどさせた強要の罪と、今年の元日、妻のなぎさ被告の顔を平手で殴り、引き倒して馬乗りになった上、立ち上がったところを足で蹴るなどした暴行の罪に問われている。

 栗原勇一郎被告はこれまでに傷害致死などの罪でも起訴されていて、妻のなぎさ被告は傷害ほう助の罪で起訴されている。

栗原容疑者のプロフィール

引用:https://search.yahoo.co.jp

栗原容疑者のプロフィール

項目情報
名前栗原 勇一朗(くりはら ゆういちろう)
年齢41歳
出身地千葉県野田市山崎
職業自称 会社員
家族構成妻(31歳)、心愛さん(10歳)、次女(1歳)

近所の評判はとても良く、近所の子供にお菓子をあげる程であった。しかし、一歩家に入ると、「怒鳴り声が響いていた」や、「子供の泣き叫ぶ声が聞こえていたなど」、性格が変貌する様であった。

この様に虐待を繰り返す親は、自分の子供の事を、親を困らせたり挑発したり、親にみじめな思いをさせる加害者と思っています。つまり被害妄想の性格だった様です。外づらのいい人の一部は周りから反感を買わないようにと、常に気を使っていることがあります。簡単な言葉でいうと、実は“気が弱い”方。家に帰ると、自分が王様の様になれるので、子供が何か不機嫌にする様なことがあると、子供が敵に見えてしまって、子供に対して暴力的になってしまう様です。

スポンサーリンク

栗原容疑者の顔写真

栗原容疑者の顔写真を公開致します。

引用:https://search.yahoo.co.jp/

如何にも真面目そうな顔をしています。実際近所の評判も悪くありません。しかし一歩家に入ると性格が豹変し粗暴な一面が顔を出すようです。こういう人間は怖いですね。精神的な病気だったのかもしれません。

栗原容疑者SNS

SNSアカウントを検索してみましたが、栗原容疑者の物と思われる物は見つかりませんでした。今後見つかり次第更新していきます。

スポンサーリンク

栗原容疑者の生い立ち

栗原容疑者の生い立ちについてまとめてみました。

項目情報
小学校野田市立二ツ塚小学校
中学校野田市立福田中学校
高校中堅の私立高等学校
大学不明

学校ではヘラヘラしながら友人の松井大輔さんと気の弱い女の子をトコトン虐めたり(リコーダーを便器に流す、上履きを隠したり、教科書に落書きしたり等)家では実妹を虐めたりしていたようです。現在の犯罪を予言する様な事を既に行っていたようです。

学校や児童相談所の対応は

引用:https://soratoburin.com

母親の実家がある沖縄県糸満市に住んでいる時も、児童相談所に保護された事があり、2017年9月に千葉県野田市に引っ越してからも、2か月後の11月には、小学校のアンケート調査に「父からいじめを受けた」と回答、一時児童相談所に保護されている。

2018年3月、親子関係は改善されたとして、保護を解除心愛さんは自宅に戻された。2019年1月7日、栗原容疑者から小学校に「1週間ほど休む」という、1本の電話が入った。更に、11日には「休みを1月いっぱいに延長したい」との連絡が再度あった。更に学校側は、栗原容疑者のウソを鵜呑みにして、21日まで児童相談所に通報していなかった。

心愛さんの遺体が発見されるされる24日までの間に、何か手を打つ事は出来なかったのであろうか。学校も児童相談所も危機管理が出来ていない様に思う。

スポンサーリンク

まとめ

最近子供を虐待する親や、育児放棄をする親が、どんどん増えている様に思います。社会が悪いのか、人間が悪くなったのかわかりませんが、少なくとも近所付き合いが、疎遠になっている事は確かです。近所から悲鳴が聞こえても、110番通報する事も無く、あまりにも無関心な様に思います。みんな自分の事で、精一杯なのでしょうか。学校も児童相談所も人出が足りなくて、些細な事にかまっていられない状況なのでしょうか。今後この様な事件が、一件でも少なくなる事を願っています。

心愛さんのご冥福をお祈り致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする