衝撃! 女児殺し母親栗原なぎさ容疑者まで暴行に加担

千葉県野田市の小学4年生、栗原心愛さん(10)が自宅で死亡した事件で、県警捜査1課などは

4日、父親と暴行を共謀したとして、傷害容疑で心愛さんの母親なぎさ容疑者(31)も逮捕し

た。

スポンサーリンク

栗原なぎさ容疑者の容疑

引用:https://search.yahoo.co.jp

栗原勇一郎容疑者から、DV(ドメスティックバイオレンス)を受けていたと見られていた、

妻の栗原なぎさ容疑者が、栗原勇一郎容疑者同様、心愛さんへの傷害容疑で逮捕されました。

栗原なぎさ容疑者は、今迄栗原勇一郎容疑者の被害者と見られていましたが、「廊下に立た

せる」「ごはんを与えない」虐待の数々が、明るみになってきました。この日も、栗原

勇一郎容疑者が、心愛さんへ暴行を加えているのに、何もせず眺めているだけでした。

普通母親なら自分の体を盾にして、子供を守るべきところを、父親の暴行に加担するとは

どうゆう神経なんでしょうか。

栗原なぎさ容疑者のプロフィール

引用:https://soratoburin.com

現在わかっている栗原なぎさ容疑者のプロフィールです。

項目 情報
氏名 栗原なぎさ容疑者
年齢 31歳
職業 不詳
住所 千葉県野田市
逮捕容疑 傷害

スポンサーリンク

マインドコントロール

栗原なぎさ容疑者も、栗原勇一郎容疑者から暴行を受けていました。本人が児童相談所に

「DVを受けている」と打ち明けていたようです。周囲がその事実を知りながら、満足に

対応出来ていなかったのは何故でしょうか。それ程深刻に受け止めていなかったのでしょ

うか。

勇一郎容疑者による暴力が常態化する中、心愛さんへの暴力が無くなったら、今度は自分

が同じ目に遭うと考え、マインドコントロールされていったのではないかと、考えられる。

偽装離婚疑惑

2009年心愛さんが生まれました。その二年後勇一郎容疑者となぎさ容疑者は離婚して

います。その後2017年に再婚し、間もなく二人目の子供が生まれています。

DV持ちの勇一郎容疑者と折角離婚出来たのに、何故再婚したのでしょうか。

巷では母子手当目当ての偽装離婚だったのではと言われています。栗原夫婦も離婚を装

っていただけで、二人目が出来たのでやむなく再婚したのではないか。

スポンサーリンク

アンケート

引用:https://soratoburin.com

2017年11月学校で「いじめに関するアンケート」が実施され、心愛さんはこの

アンケートに『お父さんに暴力を受けている。夜中に起こされたり、起きている時は

蹴られたり叩かれたりされている。どうにか出来ませんか。』と記入し、翌7日担任

が聞き取りを行い、同日、千葉県柏児童相談所に一時保護された。しかし、同年12

月27日に保護解除されている。

野田市教育委員会は2018年1月15日、栗原勇一郎容疑者の求めに応じる形で、

回答書のコピーを渡してしまった事が、明らかになった。それにより市に苦情が殺到

し、1月31日に記者会見を開き、アンケートの写しを渡した事を認め謝罪した。

この件に関して担当者は、栗原勇一郎容疑者に恫喝され、恐怖を感じて屈してしまった。

それでも一度は本人の同意が無いと断ったそうである。しかし、同意書を持参して来た

為、写しを手渡したとの事である。

当時10歳にも満たない心愛さんで、直筆の同意書であっても、恫喝され暴力を振るわれ

書かされた事が、容易に想像出来たであろう。これだけの大人が関与して、どうして守れる

命を守らなかったのであろうか。

スポンサーリンク

まとめ

栗原勇一郎容疑者は、どんな家庭環境で育ったのであろうか。ともすると、自分も虐待

受けてきたのであろうか。今回の事件は、前々から予兆があり、何度も救える可能性が

あった様に思う。恫喝=恐喝で警察に通報という手もあった様に思う。誰かが勇気を出せ

ば、助かった命だったのではないか。

そうゆう私も、その場に居合わせたら、自分の身を守る事になったかもしれないが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする