大型車のタイヤ脱落事故、冬に増加「左後輪ばかり」の謎!

大型車のタイヤが、ホイールやボルトの破損によって、走行中に脱落する事故が

増えています。原因は慌てて冬タイヤに履き替えるから?

検証してみましょう。

スポンサーリンク

大型車の車輪脱落事故増加の訳

引用:http://www.itmedia.co.jp

大型車のタイヤが、走行中脱落する事故が増えています。

国土交通省によると、2015年度に41件、2016年度の56件、2017年度に

67件と増加しています。事故の80%は11月から3月までの間に集中しています。

これは冬タイヤの交換が、特定の時期に集中して、慌てて交換するケースが多く

  • ホイールを固定するボルト・ナットの締付不良
  • 増し締めの未実施

といった作業ミスが主な原因として考えられます。

では春にも夏タイヤへ交換作業をしますが、あまり発生していないのはなぜでしょうか。

冬タイヤから夏タイヤへの交換は、慌てて行う必要が無く、計画的に確実な整備を心掛け

れば、上記の様な作業ミスは、防ぐ事が出来るからです。

スポンサーリンク

左後輪ばかり脱落している訳

引用:http://www.itmedia.co.jp

上記のグラフを見ますと、圧倒的に左後輪の脱落事故が、多く発生しています。

考えられる理由としては、

  • 右折時比較的早い速度で旋回する為、遠心力により積荷の荷重が左輪に働く
  • 左折時左後輪が殆ど回転しない状態で旋回する為、回転方向に対して、垂直にタイヤがよじれる力が働く
  • 道路は中心部が高く作られており、車両が左(路肩側)へ傾き、左輪により大きな荷重が掛かる

以上の様な事が考えられます。

又、2010年に大型車のホイール規格が、日本独自の『JIS方式』から世界基準の

『ISO方式』へ変更となりました。これは何処が違うかと言いますと、

  • 『JIS』⇒右側車輪は右ネジ、左側車輪は左ネジ
  • 『ISO』⇒左右両輪とも右ネジ

左右輪でナットの回転方向が異なるJIS方式は、タイヤの回転方向とネジの緩み方向

が反対となり、走行すれば自然とナットが、締まる方向に作用していましたが、ISO

方式では、左輪のナットはタイヤの回転方向と同一の為、緩む方向に力が作用します。

これが左輪の脱落事故の原因ではないかと、考えられています。

スポンサーリンク

まとめ

真の原因は不明のままですが、事実としてナットの緩みが原因で、タイヤの脱落事故が

起こっています。自動車を運転する時は、運行前点検が義務付けられています。

皆さんも自動車を運転する時は、必ず運行前点検を行いましょう。

主な点検箇所は、

  • ヘッドライト・ウインカー・ブレーキランプの作動状態
  • ブレーキの踏み代の有無
  • ホイールナットの締付状態

で、簡単に点検出来る所ばかりです。しっかり点検して、安全運転を心掛けましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする