森貴志の顔画像やプロフィール公開!又も「あおり運転」の末被害者を殴り怪我をさせる!

今年7月、東京・国立市の路上で交通トラブルになった相手の60代男性を殴ってけがをさせ

たとして、53歳の男が逮捕されました。

スポンサーリンク

又も「あおり運転」で被害者を殴り怪我をさせる事件が発生しました。

森貴志容疑者の顔画像やプロフィール、動機を調査します。

事件の詳細

森貴志容疑者は7月27日午後5時すぎ、国立市谷保の国道で60代の男性が運転する車の前方

に自分の車を止めて無理やり停車させたうえ、男性の顔を複数回、殴って全治2週間のけがを

させた疑いが持たれています。警視庁によりますと、森容疑者と男性は車の運転を巡ってトラ

ブルになっていて、森容疑者は「相手が右折レーンを直進してきてぶつかられそうになった」

と話しているということです。取り調べに対して「殴ったことに間違いありません」と容疑を

認めています。

スポンサーリンク

森貴志容疑者のプロフィール

項目 情報
氏名 森貴志容疑者(もり たかし)
年齢 53歳
住所 不明
職業 不明
容疑 傷害罪

スポンサーリンク

森貴志容疑者の顔画像

森貴志容疑者の顔画像です。

なぜ笑っているのでしょうか。

不気味です。

引用:https://oreno-trend.biz/

スポンサーリンク

犯行現場

「あおり運転」の現場は東京都国立市谷保交差点付近です。

地図で検索してみました。

引用:https://oreno-trend.biz/

スポンサーリンク

犯行動機

森貴志容疑者の言い分は「相手が右折レーンを直進してきてぶつかられそうになった」

という事ですが誰だって道に迷う事もありミスはつきものです。

ぶつからない様にお互い気を付けるのが運転マナーでぶつけられそうになったから

因縁をつけるのは度が過ぎています。

最近自分が正しいと相手の事はお構い無に突っ込んで来る車を度々見かけますが

心に余裕の無い人が多いだなと思います。

スポンサーリンク

ネットの反応

「相手が右折レーンを直進してきてぶつかられそうになった」
最近、こう言う運転する奴凄い増えた気がする。勿論殴るのは論外で言語道断だとは思うけど、、
けども、軽い気持ちで身勝手な運転するのは問題ないの?て話だよね。
公道はお互いの身勝手が許されて良い場所でも許して良い場所でも無いんだよ?てね。

運転中ついつい、カッとなる事は誰にでもあると思いますが、相手に手を出す方が最終的に悪くなってしまいますので。
運転する際にはトラブル等に巻き込まれないよう、他車へも配慮する意識は双方とも必要かと思います。

あおり運転は良くはないが、今回のような回りを気にしないで運転する人も多いのも事実。
私も右折レーンで、目の前の車が右折矢印が出ていても、全く動かず、右折出来ず、その車は次の信号で直線していった経験がある。
右折レーンの入ったなら、間違えたことに気づいても右折しろよってかなりムカついた事があった。
そのような運転をする人にも処罰して欲しい。
あおられた人だけを保護している風潮が、こういう運転者を増やすことにもなりそう。

「相手が右折レーンを直進してきてぶつかられそうになった」
殴られる側にも問題はあるわけだ。
証拠があるなら相手も道路交通法違反で切符でも切ってほしいな

殴るなんてのはそもそも有り得ない行為で厳罰に処してほしいけど、右折レーンを直進した交通ルール違反したやつも取り締まるべき。

交通トラブルと一言でいっても
よほどの事がないとトラブルにならないのでは?たまにあのガラケーカップルみたいな誰彼構わず絡みまくる頭おかしい人もいるけど
大抵は片方が危ないことをしたんだと思う。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

まとめ

交通トラブルというのは大概両方が悪いケースが多く一方的に片方が悪いケースは

まれだと思います。

心に余裕を持って運転を行いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする