中澤公太の顔画像特定!?経歴や勤務先は?三浦公美さんを左折で巻き込む!

30日午後、埼玉県川口市の交差点で左折したトラックに自転車が巻き込まれ、15歳の女子高校生が死亡しました。

スポンサーリンク

中澤公太容疑者運転のトラックに三浦公美さんが巻き込まれ死亡しました。

中澤公太容疑者の経歴や勤務先を調査します。

事故の詳細

30日午後4時半ごろ、埼玉県川口市の交差点で左折したトラックに自転車が巻き込まれまし

た。自転車に乗っていたのは埼玉県内の公立高校に通う高校1年生の三浦公美さん(15)で、

病院に運ばれましたが、頭を強く打つなどして死亡しました。

警察はトラックを運転していた中澤公太容疑者(32)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕し

ました。中澤容疑者は容疑を認めているということで、警察は容疑を過失運転致死に切り替

え、中澤容疑者が十分に確認せずに交差点を左折したことが事故の原因とみて、調べを進める

方針です。

スポンサーリンク

中澤公太容疑者のプロフィール

項目 情報
氏名 中澤公太容疑者
年齢 32歳
住所 調査中
職業 トラック運転手
容疑 自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)

スポンサーリンク

中澤公太容疑者の顔画像

現在中澤公太容疑者の顔画像は公開されていません。

色々調査しましたが本人特定には至りませんでした。

事故現場

埼玉県川口市という事で地図で検索しました。

事故現場の写真です。

引用:http://trend-journal.online/

スポンサーリンク

事故原因

事故原因は中澤公太容疑者の確認不足です。

左折時に自転車を巻き込んでいますので左方確認不足となります。

午後4時というとまだ明るいので完全な確認不足です。

スポンサーリンク

ネットの反応

歩道は駄目、車両は怖いし事故の可能性高い
もしかしたら、今日本じゃ、一番危険な乗り物自転車かも知れないね。田舎なんて歩道で良い気がする。

車両側特に大型の運転手さんには右左折時の確認にいっそう注意してもらいたいです
ただコメ欄にもあるように自転車、歩行者側にも認識してもらいたい
一時期大型の内輪差の講義が学校でもありましたけど最近はあまり聞かないし自転車で無謀な運転する人が多くいる
交通弱者という事に甘えたような行動、交差点に突っ込んでくる、高速で40キロ超えてるぐらのスピードで走行(軽車両道交法違反)など傍若無人ぶりでは事故も起こる
自転車にも免許制度が必要かと論議が出てますが最低限の法規と簡単な車両の挙動特性ぐらい理解できない場合は交付しない、乗車不可にしたほうがいいのでしょうか?(大型トレーラー右左折時の車体ぎりぎりに近寄る恐ろしい人よく見ます)
反論はありそうですが単に自分を守る事になることを思えば批判できないと思いますがどうでしょう?
保険だけでは命は回復できないでしょう!

車の左折の時に自転車が巻き込まれる事故が昔から無くならないのは、車のすぐ脇を走ってる自転車が車の運転手の死角になってて見えてない場合が多いからなんだよね。
そして車が左ウインカーを出して曲がろうとしてても自転車の方は車が止まってくれると思って強引に直進しようとするから事故が起こるんだよね。

車を運転してる人なら分かるけど車のすぐ脇を走ってる自転車やバイクが見えてない場合が多いんだよね。

自転車側もどっちが悪いとかじゃなくて自分の命を守る意識を普段から強く持って道路を走って欲しい。

車も自転車側も両者が気をつけてなければ防げないのよ。高校生の自転車はマジ危険!なかなかのスピードでおかまいなしに突っ込んで来るのはちょくちょく見る。安全に自転車を運転する高校生は少ない。
車から見て自分達がどうなのかを考えて自転車に乗っている子達が、果たしてどれほどいるのか、、、

この交通ルールなら、何時になっても起こる問題。
一車線で車が左折しようとしているのに、その左を自転車やバイクが優先で直進出来る事が問題でしょう?
交差点で、右折車の右側を直進通過なんてあり得ないわけだからね。
従って、自転車もバイクも車両なのだから「前方で左折しようとしている車が優先」にしないと、大型車は横断歩道者にも気を配り、サイドミラーにも気を配りでは、一瞬に後方から30キロ40キロのスピードで走って来てすり抜けようとする自転車やバイクを見落とす時もあるでしょう。
大型バス運転経験から、一番気を気を付けなくてはならないのは左折時で最大の注意を払っていたが「危うく」となった経験は多々あるし、同業社では巻き込んだ経験のある運転手も多くいたと聞く。
しかしながら、こうして起きてしまうと言う事は、法規に問題があるのだと思う。
運転者に注意する事だけを期待しても、事故は防げないでしょうね。

車関係の仕事の都合で、安全意識向上の為に様々な事故の動画を定期的に視聴しています
自転車が絡む事故は、自転車側の傍若無人な運転が要因の一つになっています
法的には車側の過失割合が多くなるのが基本的ですが、道理的には自転車側の軽率な行動が一番の原因と感じるケースもあります
車側を批判するばかりではなく、自転車の運転に潜む危険性や正しいルールをもっと周知徹底させることも大事だと思います

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

まとめ

公道は譲り合いが必要です。

自分は正しいと突っ込むと痛い目に遭います。

トラックとけんかしても自転車では勝てません。

トラックが行過ぎるか止まるのを確認してから通行しましょう。

今回のケースはトラックの確認不足を認めていますので上記の

ケースとは違います。

三浦公美さんのご冥福をお祈り申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする