尾田麻綾容疑者顔画像特定! 自宅アパートの植え込みに男の子の赤ちゃんの遺体を遺棄!

長野県佐久市で自宅アパートの植え込みに赤ちゃんを遺棄したとして、警察は4日朝、尾田麻綾容疑者(32)を逮捕しました。

スポンサーリンク

事件の経緯

 死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、佐久市の自称無職・尾田麻綾容疑者(32)で、先月31日の午後8時ごろ、自宅アパートの植え込みに男の子の赤ちゃんの遺体を遺棄した疑いが持たれています。

 調べによりますと、赤ちゃんは2日、ビニール袋に入った状態で発見され、死後数日が経っていたとみられています。警察が動機などを調べています。

スポンサーリンク

尾田麻綾容疑者のプロフィール

尾田麻綾容疑者のプロフィールです。

項目 情報
氏名 尾田麻綾容疑者(おだ まあや)
年齢 32歳
住所 長野県佐久市
職業 自称 無職
容疑 死体遺棄

尾田麻綾容疑者の顔画像

尾田麻綾容疑者の顔画像です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

事件現場は

引用:http://trend-journal.online/

事件現場は長野県佐久市の自宅アパートです。

植え込みに死体を遺棄しました。

地図で調べてみました。

犯行動機

犯行動機は何かあったのでしょうか。

報道では公開されていませんが、独自に考えてみると一番考えられるのは

  1. 赤ちゃんが邪魔だった
  2. 赤ちゃんを育てられない

このどちらかに絞られると思います。

又死体遺棄と殺人はセットですので何れ殺人でも起訴されると思います。

死産であれば病院に行けば済む事ですから。

スポンサーリンク

家族構成は

この赤ちゃんの父親は誰なんでしょうか。

結婚していれば自ずと報道もされると思いますので独身なのでしょう。

とすると死体を遺棄した理由ともなります。

きっと独身で誰かの子を身ごもってしました。

一人ではどうする事も出来なくて殺して死体を遺棄したという事でしょう。

スポンサーリンク

死体遺棄罪

死体,遺骨,遺髪または棺内に蔵置した物を損壊,遺棄または領得した者は,3年以下の懲役に処せられる(死体遺棄罪,死体損壊罪等。刑法190条)。

本罪は,死者に対する敬虔(けいけん)の感情を保護しようとするものである。

なお,墳墓を発掘したうえでこのような行為をした者は,3ヵ月以上5年以下の懲役に処せられる(191条)。

死体というのは,死亡した人の身体をいい,人の形体を備えている以上,死胎をも含む。

ここで遺棄というのは,通常の埋葬と認められない方法で死体等を放棄することをいう。

死体遺棄は3年以下の懲役に処せられるという事です。

死体以外に遺骨遺髪が含まれるのは意外です。

スポンサーリンク

まとめ

世の中は不公平で子供を望まぬ人に授けたり、望む人には授けなかったりします。

しかし授かった以上はしっかり育てる義務があると思います。

どうしても無理なら行政機関に相談する手段もあります。

尾田麻綾容疑者も一人で悩まず相談すればこんな事にはならなかった思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする