岡野光広容疑者顔画像特定! 「警察官が来たので、腹が立った」と警察官を殴る!

千葉市で岡野光広容疑者(50)が警察官の顔を殴ってけがをさせたなどとして逮捕された事件

で、男は「警察官が来たので、腹が立った」と話していることが分かりました。

スポンサーリンク

事件の詳細

無職の岡野光広容疑者は5日、千葉市の自宅前で80代の父親から「息子がバットで隣の家をた

たいている」と通報を受けて駆け付けた男性警察官の顔を殴り、軽傷を負わせるなどした疑い

が持たれています。

岡野容疑者が「警察官が来たので、腹が立った」と話していることが分かりました。また、母

親は取材に対し、「息子は20年から30年、引きこもり状態だった」「行政へどう相談すれば良

いのか分からない」と話しています。

付近の家のインターホンなどが壊れていて、警察は器物損壊容疑でも立件する方針です。

スポンサーリンク

岡野光広容疑者のプロフィール

岡野光広容疑者のプロフィールです。

項目情報
氏名岡野光広容疑者(おかの みつひろ)
年齢50歳
住所千葉県千葉市
職業無職
容疑傷害 公務執行妨害 器物損壊

岡野光広容疑者の顔画像

岡野光広容疑者の顔画像です。

引用:https://www.google.co.jp/

ひきこもりだった割には普通の顔をしています。

外に出た時は逮捕され連行される時でした。

スポンサーリンク

犯行現場

犯行現場は千葉市の自宅です。

千葉市だけでは広すぎて検索しても意味がありません。

情報はないか探しましたが現在の所新しい情報はありません。

20年以上の引きこもり

最近引きこもりが多いと思います。

なぜでしょうか。

一番多いのは適応障害というケース。

組織に交われないという事でつまはじきにされてしまいます。

日本の福祉はどうなっているのか疑問に思います。

今回はその抑圧された感情が警察官に向いた様に思います。

どの道執行猶予が付くと思いますからしっかり治してほしいと思います。

スポンサーリンク

適応障害

適応障害は、ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、

そのために気分や行動面に症状が現れるものです。

たとえば憂うつな気分や不安感が強くなるため、涙もろくなったり、過剰に心配したり、神経

が過敏になったりします。

引用:https://www.google.com/

スポンサーリンク

まとめ

今回父親も手に余ったのでしょう。

だから警察を呼んだのだと思います。

家族で抱え込まないで公共の場に相談する事が

必要だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする