元五輪体操・岡崎聡子被告顔画像!覚醒剤でまた逮捕6年ぶり14回目その行動が酷すぎる!

これまで薬物事件で複数回逮捕され、実刑判決を受けた

元オリンピック体操選手の岡崎聡子被告が、覚せい剤を

使ったとして、逮捕・起訴されていたことがわかった。

スポンサーリンク

現在のプロフィール

項目 情報
氏名 岡崎聡子(おかざき さとこ)
年齢 58歳
住所 不明
職業 タレント ⇒ 無職
容疑 覚醒剤取締法違反

顔画像

あの有名な岡崎聡子選手が覚醒剤に手を染めるなんて。

引用:http://erimakee.com/

スポンサーリンク

何回捕まった

1回目 1995年4月 大麻所持で逮捕
2回目 1995年5月 覚醒剤所持で再逮捕 懲役1年6ヶ月、執行猶予3年
3回目 1995年8月 覚醒剤所持で逮捕 懲役1年6ヶ月
4回目 2000年 覚醒剤所持で逮捕 実刑
5回目 2005年 覚醒剤所持で逮捕 実刑
6回目 2009年 覚醒剤所持で逮捕 実刑
7回~12回 薬物所持容疑で逮捕 証拠不十分で釈放
13回目 2013年9月 覚醒剤所持容疑で逮捕 懲役3年6ヶ月
14回目 2019年5月 尿検査で覚醒剤反応

逮捕されたのは14回目、起訴されたのは8回目になります。

覚醒剤の恐ろしさ

覚醒剤の恐ろしさはその依存性にあります。

覚醒剤を打つと素晴らしい高揚感が得られます。

しかし薬の効能が切れると大変苦しむ事になります。

従って又打つという行為が永久に続く事になります。

この負のスパイラスに陥ると抜け出せなくなります。

その内体を蝕みボロボロになって最後は死を迎えます。

私は打った事はありません。ですので聞いた話しです。

スポンサーリンク

今回発覚した経緯

2019年4月下旬、落とし物をしたとして、東京都杉並区内

警視庁の交番を訪れた際、様子がおかしかったことから、

警察官が尿検査をした所陽性反応が出て、覚せい剤を使って

いたことが発覚したため緊急逮捕されました。

今回は何年位の刑期

覚醒剤の使用は有罪になった場合どれ位の刑期に

なるのでしょうか。

  1. 覚せい剤の輸入・輸出・製造 – 1年以上の有期懲役
  2. 営利目的での上記行為 – 無期又は3年以上の懲役、情状により1000万円以下の罰金併科
  3. 覚せい剤の所持・譲渡し・譲受け – 10年以下の懲役
  4. 営利目的での上記行為 – 1年以上の有期懲役、情状により500万円以下の罰金併科
  5. 覚せい剤の使用 – 10年以下の懲役
  6. 覚せい剤原料の輸入・輸出・製造 – 10年以下の懲役
  7. 覚せい剤原料の所持・譲渡し・譲受け・使用 – 7年以下の懲役

覚醒剤の使用は10年以下の懲役だそうです。そうすると前回は懲役3年6ヶ月

でしたので、今回5年位はいくものと思われます。

スポンサーリンク

まとめ

なぜ覚醒剤に手を染めたのかわかりませんが、

これだけ逮捕されると警察もマークしますから

ちょっとした挙動の変化ですぐ捕まります。

今度こそやめてほしいのですが・・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする