大久保俊純さん顔画像特定? 渓流つりで溺れた仲間を助けようとして巻き込まれ死亡!

山形県鶴岡市で15日、渓流釣りをしていた男性2人が川に落ちるなどして、16日朝、救助作業が行われましたが、死亡が確認されました。

スポンサーリンク

事故の経緯

15日午後2時半すぎ、山形県鶴岡市大鳥の東大鳥川の支流・矢吹沢に渓流釣りに来ていた茨城県の男性から「仲間が岩場に足が挟まって動けなくなった」と警察に通報があった。その後、応援要請を受けた秋田県の消防防災ヘリが、岸に倒れている男性と川の中に沈んでいる男性を発見した。

岸に倒れていたのは茨城県笠間市の団体職員・大久保俊純さん(64)で、全身が濡れており、その後死亡が確認された。また、川の中にいた60代男性は発見された際は心肺停止の状態で、15日は日没のため救助活動が中断され、16日午前、川から引き上げられましたが死亡が確認されました。

通報した男性を含む3人は一緒に泊りがけで釣りに来ていて、亡くなった大久保さんは足が挟まった60代男性を助けようとして川に落ちたと見られている。

スポンサーリンク

大久保俊純さんのプロフィール

大久保俊純さんのプロフィールです。

項目情報
氏名大久保俊純さん
年齢64歳
住所茨城県笠間市
職業団体職員
容態死亡

大久保俊純さんの顔画像

現在大久保俊純さんの顔画像は公開されていません。

スポンサーリンク

事故現場は

山形県鶴岡市大鳥の東大鳥川の支流・矢吹沢という事で地図で調べてみました。

事故原因は

岩に足が挟まった仲間を助け様と川に入ったが何らかの原因で自分も溺れてしまったのも。

スポンサーリンク

まとめ

今回助けに行った仲間と同様に溺れてお亡くなりのなりました・助けに行く場合よほど運動能力が高くないと危険です。ご冥福をお祈り申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする