大野二巳雄容疑者顔画像? 市バスが急発進して横断歩道上の8人をはねる! 内2人死亡

21日午後2時ごろ、神戸市中央区布引町4のJR三ノ宮駅近くの県道で、神戸市営バスが横断歩道を渡っていた複数の歩行者をはねた。

スポンサーリンク

事故状況

引用:https://www.kobe-np.co.jp/

神戸市消防局によると20代の男性が死亡40代と20代の女性が心肺停止状態で、20代の女性はその後死亡しました。この他に5人が負傷している。バスは停留所を発車した直後で、乗客はいなかった。

兵庫県警は自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで、大野二巳雄容疑者(64)=神戸市長田区=を現行犯逮捕した。「バスが急発進して、人をはねてしまった」と供述している。

事故を目撃した70代男性は「バスが停留所で客を降ろした後に暴走したようだ。ガードレールにすごい音を立てながら止まった」と驚いた様子。運転手の様子については「ハンドルを握ってじっとしていた。しばらくしてようやく車両の下の歩行者の方を見に行っていた」と話した。

スポンサーリンク

運転手のプロフィール

項目 情報
氏名 大野二巳雄容疑者
年齢 64歳
住所

兵庫県神戸市長田区

職業 神戸市バス 運転手

運転手の顔画像

画像は鮮明ではありませんが顔画像が入手出来ました。

引用:http://dramad-tv.com/

スポンサーリンク

事故現場

引用:https://www.google.co.jp/

事故現場は神戸市中央区布引町4、JR三ノ宮駅の横断歩道です。写真と地図でご確認して下さい。

自動車運転処罰法違反とは

自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律といい、それまで刑法に規定されていた自動車の運転により人を死傷させる行為に対する刑罰の規定を独立させた法律です。

運転免許の行政処分

2014年(平成26年)現在、危険運転致死傷罪に該当する態様で死傷事故を起こした場合には、運転免許証の行政処分に関し「特定違反行為による交通事故等」の基準が適用され、致傷では基礎点数45~55点・欠格期間5~7年(被害者の治療期間による)、致死では62点・欠格期間8年となっており、殺人や傷害の故意をもって自動車等により人を死傷させた場合(運転殺人、運転傷害)と同程度の処分となっている。

スポンサーリンク

まとめ

東京澁谷の飯塚幸三と似た様な事故が又おきてしまいました。ベテランの運転手に一体何があったのでしょうか。事故内容を見ているとアクセルとブレーキの踏み間違いの様な気がします。皆さんもくれぐれも自動車の運転には注意しましょう。

又飯塚幸三とニュースの扱いに大きな違いがあります。方や即現行犯逮捕⇒実名報道、方やまだ逮捕されず⇒さん付けとこの違いは何なんでしょうか。元高級官僚は大きな事故を起こしても優遇されるのでしょうか。事故の程度からすると飯塚幸三の方が大きいと思いますが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする