大音清子の顔画像特定!?いったい家族に何があった?夫と姑をメッタ刺し!

1日、福井県若狭町の住宅で夫を刺したとして、大音清子容疑者(71)が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。さらに同居する義理の母が死亡していて、警察では殺人容疑も視野に入れ、捜査を続けています。

スポンサーリンク

妻が夫を包丁で刺す事件が発生しました。

姑も刺されて死亡しています。

家族にいったい何があったのでしょうか。

原因を探っていきます。

事件の詳細

引用:https://www.fnn.jp/

逮捕されたのは、福井県若狭町神子の無職・大音清子容疑者(71)です。清子容疑者は1日

午後5時ごろ、夫の太郎さん(69)を包丁で刺し、胸などに軽いけがを負わせた疑いが持たれ

ています。また、胸のあたりから血を流している義理の母・初枝さん(89)が見つかり、病院

で死亡が確認されました。

スポンサーリンク

大音清子容疑者のプロフィール

項目 情報
氏名 大音清子容疑者
年齢 71歳
住所 福井県三方上中郡若狭町神子
職業 無職
容疑 殺人未遂

大音清子容疑者の顔画像

現在大音清子容疑者の顔画像は公開されていません。

事件現場(民宿やっている?)

福井県三方上中郡若狭町神子までわかっていますので

地図で検索してみました。

三方五湖の半島付近です。

完全な漁業の町だと思います。

ところで事件の写真を見ると民宿よしのやの看板が見えます。

民宿を営んでいるのしょうか。

スポンサーリンク

夫と姑を刺した原因は?

いったい太郎さんと初枝さんを刺した原因は何だったのでしょうか。

近所の住民の話では

『清子容疑者は最近、太郎さんと初枝さんの介護疲れを口にしていたという。』

という事でどうも介護疲れからイラついて犯行に及んで模様です。

スポンサーリンク

ネットの反応

この事件はどうか分からないけど、介護に疲れて殺人を犯す事件が多すぎるのに、それでも政府は自宅介護をすすめる意味が分からない。

その齢でそれをやるまでにはとてつもないような葛藤があったことだろう。
親身になって愚痴を聞いてくれる人が一人もいなかったんだろう。

想像でしかないけれど、
長年積もり積もったものが 爆発した感じかな…
義母との関係も悪く
夫も庇ってくれず。
その上介護まで…
自分で通報しているし、
そうするしかなかったことが悲しい。

何十年も連れ添った夫婦だろうにねぇ。
若い頃は、不満を心の隅に隠すことで平穏を保っていたのかな。

年齢を重ねる毎に、若い頃からの心に隠し持っていた不満がフラ
ッシュバックのように蘇(よみがえ)るんかな?

そぉ言えば、亡くなったおばあちゃんもイライラして寝られない
と言いながら睡眠導入剤を、毎夜のように飲んでいたな。

推測だが、若い頃の苦労や旦那(祖父)の浮気とかで苦労していた
ようだから、それがフラッシュバックみたいに蘇って心の平穏を
かき乱していたのかも知れない。

話は変わるんだが、第二次世界大戦末期~終戦後にベルリンへ進駐
したソ連の兵士に、繰り返し性的暴行を受けていた多くの女性たち。

そんな彼女たちの若い頃は、陵辱の事実を心の奥底に隠しているが
それが、高齢になるにつれフラッシュバックのように屈辱のシーン
が蘇り精神が安定しない症状が出る。と聞いたことがある。

18歳しか変わらない義母を介護するのは大変だったろう。40代が80代を看るのも大変なのに。
刺したらダメだけど。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

まとめ

老老介護を良く耳にしますが介護している方はとても大変です。

時には言う事を聞かずイライラする事があるでしょう。

そういうイライラが積もり積もって爆発する。

それが今回の事件の原因の様な気がします。

それにしても行政は行き届きませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする