半導体材料の輸出管理規制に反発!「ユニクロ」「ホンダ」など標的に!不買運動開始!

日本政府による、韓国への半導体材料の輸出管理規制強化。

ソウルの日本大使館前では、激しい抗議デモが行われている。

一方、日本製品に対する不買運動も起きていて、泥沼化が懸念されている。

スポンサーリンク

日本から始まった半導体材料の輸出管理規制強化。

思わぬ所に波紋が広がりました。

一部の小売業者による、“日本製品の販売中止”です。

この問題について双方の意見を解析していきます。

韓国の今

引用:https://pixta.jp/tags/

韓国・ソウルで5日に行われたのは、一部の小売業者による、

“日本製品の販売中止”を宣言するデモ。

横断幕には「歴史を忘れた民族に未来はない」と書かれていた。

デモでは、ユニクロやホンダなど、日本製品のロゴが書かれた箱を

足で踏みつぶすパフォーマンスも。

引用:https://www.google.co.jp/

半導体材料の輸出管理規制強化で半導体産業を直撃している。

材料の90%を日本から輸入している韓国、このままでは半導体

の生産がストップする事態もありえます。

なんとか日本に輸出規制を解除させようと今回の運動に繋がって

います。

スポンサーリンク

日本の考え方

引用:https://pixta.jp/tags/

4日夜、自民党・萩生田幹事長代行は、「(化学物質の)行き先が

わからないような事案が見つかっている。こういったことに対して、

措置をとるのは当然だと思う」と述べた。

経済産業省の幹部によると、これらの化学物質の管理をめぐる日韓

の対話が、文在寅(ムン・ジェイン)政権下になってからは行われず、

ここ1~2年で日本側の懸念が急速に広がったという。

引用:https://www.google.co.jp/

与党幹部「ある時期、フッ素関連の今回の物品に、大量発注が急きょ

入って、その後、韓国側の企業で行方がわからなくなった。

今回のフッ素関連のものは、毒ガスとか化学兵器の生産に使えるもの。

行き先は“北”だ」

この与党幹部は、今回の軍事転用可能な物品が北朝鮮に渡っている懸念が

あるとの見方を示した。

日本としては化学兵器の材料にもなりうる為、材料の量と製品の数を管理

したいが、今の文在寅(ムン・ジェイン)政権下になって行われておらず

非常に危険な状態にあり、今回の輸出規制につながった。

スポンサーリンク

ネットの反応

日本企業は韓国から撤退した方がいいと思います。

日本も韓流を締め出しにした方がいいです。

日経企業は撤退した方が良いのでは?

被害者意識がひどい国と、商売をしようとするからこうなる。

前から分かっていただろ…。

このままにしていたら企業として命取りになるぞ。

韓国から全て撤退した方が良いね。その時が来たよ。

日本製品の不買を唱えるならば、今回の対象の3品目も買わない

と言わなければ、ただのご都合主義であり、何の中身もない。

もっと日本メディアにはこういった、一般的に見て彼らの矛盾した

行動を指摘してもらいたい。

表面的に見えやすいところを騒ぎ立てているだけで、こけおどし

すらなっていないことを強調するべきだ。

どうぞご勝手に 日本はこういった行動をとったことを後悔させる

対応をしてほしい。

この状況を日本人はどの様に捉えどの様に思うのだろう?結果的に

この様なデモのきっかけを作った日本政府が悪いと考えるのかなぁ?

まぁマスコミはそういう方向で印象操作してる感はあるけどね。

最低でもここ1年間の両政府のやり取りを時系列で並べてみたら、

日本政府の対応は真っ当で国民として支持する対応だと思うのだけれども。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

まとめ

この問題の対応として日本の考え方は正しいと思います。

化学兵器にもなるフッ素をなんの管理もせず輸出する訳には

いかないと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする