佐賀慶太郎の顔画像特定!バラバラ殺人事件!最高裁が上告を棄却確定!

東京都目黒区で会社員の女性を殺害するなどした罪に問われた元交際相手の男の裁判で、最

高裁は上告を棄却する決定をしました。懲役29年の判決が確定することになります。

スポンサーリンク

東京都目黒区で会社員の女性を殺害し遺体をバラバラにした事件で罪に問われた佐賀慶太郎被

告の上告審で最高裁は上告を棄却する決定を行った。これで佐賀慶太郎被告の懲役29年の刑が

確定した。今一度事件を振替ってみましょう。

事件の詳細

黒髪のカツラに女性用のシャツ…変装で待ち伏せ

「会って本当の気持ちを確かめたかった」。

9月16日午後11時ごろ、目黒区大橋のマンション前で、不審な“女性”が、中元さんの帰

宅を待ちわびていた。黒髪のカツラをなびかせ、女性用のシャツを着用した佐賀容疑者だっ

た。

帰宅した中元さんは、元交際相手の姿に驚くが、佐賀容疑者が交際費用の返済について問い

かけると、同情だったのか、近所の迷惑を考えたのか、部屋に入れててしまう。

話が終わったときには、すでに深夜。終電を逃した佐賀容疑者はそのまま当然のように居座

り、翌17日に中元さんと口論になったことで凶行に及んだ。

きっかけは中元さんの「一度逮捕されたのに、なんでまた来たの?」という言葉だったとい

う。

破局後も偽名使い接近「警察にばれたらまずい」

2人は昨年11月ごろ、中元さんのアルバイト先に、佐賀容疑者が客として出入りしていた

ことで交際に発展したが、今年3月に破局した。

その後、佐賀容疑者は7月17日、埼玉県川口市で中元さんに暴行を加えたとして県警に逮

捕された。暴行前、偽名を使って別人を装い、中元さんのアルバイト先を通じて中元さんを呼

び出していた。

同27日に略式命令を受けて釈放された際、中元さんに接触しないとする誓約書を県警に提

出していたが、9月10日にも偽名を使ってアルバイト先を訪れ、「中元さんはまだ勤めてい

るのか」など、別人を装って同僚に尋ねていた。

女装して待ち伏せした理由について、佐賀容疑者は「(誓約書を書いているので)中元さん

に近づいたことが警察に知られたら、まずいことになると思った」と供述している。

いわば中元さんと周囲の危機感を刺激しないよう立ち回り、ストーカー規制法にかからない

ギリギリのラインを踏まえて行動していたかっこうだ。

犯行後、レンタカー借りる 「失踪に見せかけたかった」

「17日に粘着テープで手足を縛った。室内にあった果物ナイフで刺した」。

佐賀容疑者は中元さん宅近くの量販店に周囲を警戒して女装姿のまま出向き、出刃包丁や

スーツケース、清掃用品を購入。中元さんの遺体を浴室で遺体を関節ごと10以上の部位に切

り分けたという。

その後、レンタカーを借りて遺体を千葉県野田市や埼玉県戸田市の川へ投げ捨てた。部屋か

らは中元さんの普段使いの衣服やバッグ、パソコンなども持ち去っており、「失踪に見せかけ

たかった」と供述している。

犯行前は中元さんと周囲の危機感を刺激しないよう立ち回り、犯行後は事件を隠蔽すべく奔

走する佐賀容疑者。ある捜査関係者は「(佐賀容疑者は)相当頭がいい男だ」と話す。

じつは順風満帆人生…エリート校卒の社労士

佐賀容疑者は名門として知られる北海道の難関私立学校を卒業しており、難関の社会保険労

務士試験も突破。結婚歴もあり、経歴的には順風満帆の人生だった。近所の住人は「優しそう

な人だと思っていた」と動揺を隠さない。

一方、中元さんは地元の広島県からキックボクサーになることを志して上京。事件直前に働

いていた渋谷区の会社では事務員をしており、同僚は「真面目で根性のある、責任感の強い女

性だと思った」と口をそろえる。

年下の女性に執着し、人の道を外れた佐賀容疑者には何が残ったのか。

犯行後、佐賀容疑者は妻と別れ、友人や親兄弟の家などを転々とする生活を送っていた。時

折、周囲に「死にたい」と漏らしていたという。

スポンサーリンク

佐賀慶太郎被告のプロフィール

項目 情報
氏名 佐賀慶太郎被告
年齢 50歳
住所 不定
職業 元社会保険労務士
容疑 殺人 死体遺棄

スポンサーリンク

佐賀慶太郎被告の顔画像

護送される佐賀慶太郎被告

引用:https://www.iza.ne.jp/

殺された中元志織さん

引用:https://www.google.co.jp/

スポンサーリンク

事件現場

事件現場は東京都目黒区の会社員、中元志織さん(24)のマンションです。

地図で検索してみました。

スポンサーリンク

犯行動機

「会って本当の気持ちを確かめたかった」これが佐賀慶太郎被告の純粋な気持ちで

会ってみたところ完全に裏切られ愛が憎悪に変わった瞬間でもあった。

それほど佐賀慶太郎被告は中元志織さんを愛していたという事であろう。

スポンサーリンク

ネットの反応

何年で出て来るかな?
絶対満期はないだろうな。
模範囚制度は如何な事か?
最近は、事件性と刑罰のバランスがおかしくないかいな?
前例踏襲の判決は、良くないと思います。
いろいろな事由はあるとは思いますが、基本的には一人殺害したら、無期又は終身刑 ・死刑が、基本だと思いますが。
更正より、死者の人権を最大限に最優先で、贖罪が重要?犯人の人権は、贖罪後の話。
おかしいですよね?犯人の更正を願っての減刑は?最大限の刑期を全うする事が、更正なわけですから。

これで29年でも甘いと思うが、
子供を虐待死させた義理父とか、連れ込んだ女は
もっと重い罪にすべきなのに、
法律がおかしいだろう。

罪もない人を殺せばこれぐらいの判決は当然、軽いくらいだ。 他の方の見解も出ていたが、先日の結愛ちゃんの判決た過去事例と比較したというが、検察の18年も軽いと思うが、裁判長は言い尽くしがたい苦痛を結愛ちゃんに与え続けたと言いながら13年どうかしてないか、今回の被告の判例を照らし合わしたら13年違うだろー。この被告との対比してくれ、結愛ちゃんが浮かばれない。

死刑は難しいけど、塀の中の待遇がシャバにいるより快適なのには腹が立つ。規則正しい生活とエアコン完備の寮で医療も充実。栄養管理もされ、運が良ければ恩赦あり。給料考えなければその辺の会社よりホワイト企業。

亡くなられた方とそのご家族はこれで納得されたのだろうか。人殺すより借金背負っていて、色んな制限あるけど必死で生きてた方がまだましだな。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

まとめ

中年になって若い女性と知り合い恋に落ちて人生を狂わす。

まさに典型的な例ではないでしょうか。

ふられた時に諦めればそれで済んだ事ですが男女関係は難しい。

しっかりお勤めを果たしてほしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする