俳優・沢尻エリカを逮捕!エリカ様お前もか?麻薬取締法違反の疑い!

警視庁は16日、俳優の沢尻エリカ容疑者(33)を合成麻薬MDMAを所持していたとして麻薬

取締法違反の容疑で緊急逮捕した。

スポンサーリンク

俳優の沢尻エリカ容疑者が麻薬所持の容疑で緊急逮捕されました。

芸能界に薬物が蔓延しています。

経緯等を調査します。

事件の詳細

捜査関係者によると、警視庁の捜査員が沢尻容疑者の自宅である東京目黒区のマンションで

持ち物検査をしたところ、MDMAを所持していたことから、午後1時頃に逮捕に至ったとい

う。

という事は狙い撃ちではありませんか。

誰かのタレコミでもあったのでしょうか。

有名になると何処で恨みを買っているかわからないものです。

勿論普通の生活をしていれば問題無い訳で羽を伸ばし過ぎた結果でしょうか。

スポンサーリンク

沢尻エリカ容疑者のプロフィール

沢尻エリカ容疑者のプロフィールです。

引用:https://www.google.com/

項目 情報
氏名 沢尻エリカ容疑者
年齢 33歳
出生地 不明
職業 俳優
容疑 麻薬取締法違反(所持)

スポンサーリンク

沢尻エリカ容疑者大河ドラマへの影響

沢尻容疑者は、2020年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」に、斎藤道三の娘

で織田信長の妻、帰蝶(濃姫)役で出演予定で、ドラマの撮影は今年6月にすでに始まってい

る。NHK広報局は「事実関係を確認中で、大河ドラマについては今後の対応を検討中」とし

ている。

スポンサーリンク

沢尻エリカ容疑者経歴

沢尻容疑者は2005年の映画「パッチギ!」でヒロイン役を演じ、同年にテレビドラマ

「1リットルの涙」で主演。翌06年に主演したドラマ「タイヨウのうた」では、同名の主題

歌をKaoru Amane名義で歌い、ヒットした。

12年の映画「ヘルタースケルター」で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。その後も

14年の「ファーストクラス」、16年の「大奥」、18年の「ハゲタカ」、今年の「白い巨

塔」などテレビドラマに出演。映画も15年の「新宿スワン」、今年9月に公開されて現在も

上映中の「人間失格 太宰治と3人の女たち」などに出演し、活躍していた。

スポンサーリンク

合成麻薬MDMAとは

覚醒剤のメタンフェタミンの芳香環にメチレンジオキシ基を導入した麻薬で,エクスタシーと

いう通称で知られる。中枢神経系で精神機能の病態・生理のほとんどに影響を与える重要成分

であるセロトニンへの作用が大きく,神経細胞毒作用によってセロトニン作動性ニューロンの

退行性変化を引起す。最終的には神経破壊にいたり精神異常を示し,死亡する場合もある危険

な麻薬である。最近,アメリカを中心に世界的広がりをみせており,国連条約で危険性の高い

分類Iに入っている。

スポンサーリンク

緊急逮捕とは

緊急逮捕とは、犯罪を行ったであろう疑いのある人物が逃亡を企てている、あるいは指名手配

犯と遭遇したなど緊急性を要する場合、逮捕時に、逮捕令状を用いず逮捕を行うことができる

逮捕の一種です。 しかし、そのような処理では犯人を取り逃がしてしまうような緊急の場合に

限り、所定の手続を経て令状なく逮捕することが許されるのです。

という事は逃亡の恐れがあったという事でしょうか。

やはりタレコミがあり警察が直ぐに動いたという事でしょう。

スポンサーリンク

ネットの反応

合成麻薬MDMAの所持容疑で逮捕されたようです。本来は白色粉末ですが、通常は赤や黄、青など色付きの錠剤として密売されており、俗に「エクスタシー」などと呼ばれています。視覚、聴覚を変化させ、多幸感を覚えますが、強い精神的依存性を持ち、不安不眠などに悩まされます。所持に対する刑罰は、営利目的がなければ7年以下の懲役です。

なお、こうした事件が発覚すると、すぐに病気なんだから非難すべきでないと言い出す人が出てきます。しかし、規制薬物の所持や使用は立派な犯罪。初犯こそ執行猶予が付くものの、再犯だと刑務所行きです。

薬物依存者も初めて手を出したときは「依存者」ではありません。新たな薬物依存者を出さないためには、何よりも「最初の1回」に手を出させないことが重要です。社会が厳しく非難することもその一つでしょう。その上で、依存症から脱却するための治療プログラムなどを実施していくべきではないでしょうか。

また薬物事犯によって芸能人逮捕が刺激的に報道されています。
薬物依存症は薬物に依存しなければならない環境や背景がある病気です。
相変わらず、非難して居場所や働く場所、過去の業績や実績を奪う取り扱いがされていくのではなく、更生や再生の機会を与えていただきたいと思います。
問題が発覚したことは生きにくさや辛さを分かち合う機会としてプラスに作用するように、周囲がサポートをし続けていただきたいです。

マリファナは大麻取締法の対象。使用は処罰されておらず、所持は5年以下の懲役。

MDMAは麻薬及び向精神薬取締法の対象。使用も所持も7年以下の懲役。

覚せい剤は覚せい剤取締法の対象。使用も所持も10年以下の懲役。

依存性とか社会的悪影響の度合いによって、刑罰も重くなっています。

別にとはいっても言えないでしょう。
大河も決まっていたのに今回こそ芸能人生終了ですね。

きましたね。以前から疑惑もありましたが、あまり驚きはないですね。

スポンサーリンク

まとめ

火の無い所に煙は立たないといった感じで皆さん「やっぱり」と言った感想です。

折角大河ドラマの出演も決まりこれからという事ですのに残念です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする