外林雅大の顔画像特定!横浜国立大学生が盗撮容疑!上から手が見えた!

大学の女子トイレで女子大学生を盗撮したとして、横浜国立大学4年の

外林雅大容疑者が逮捕されました。

スポンサーリンク

国立大学で盗撮事件が起こりました。

盗撮したのは横浜国立大学4年外林雅大容疑者です。

事件の詳細・SNS顔画像・ネットの反応など調べていきます。

事件の詳細

引用:https://rikokko.com/

神奈川県迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕・送検されたのは、

横浜国立大学4年の外林雅大容疑者。警察によると外林容疑者は9日、

大学内の女子トイレで、18歳の女子大学生をスマートフォンで

盗撮した疑いが持たれている。

外林容疑者は女子大学生のあとをつけて隣の個室に入り、便器の上に

乗って撮影していたが、手が見えたため女子大学生が友人を呼び、

その場で取り押さえたという。

調べに対し外林容疑者は「女の人なら誰でも良かった」「これまでにも数回やっている」

と容疑を認めているという。

スポンサーリンク

外林雅大容疑者のプロフィール・顔画像

項目 情報
氏名 外林雅大容疑者(そとばやし まさひろ)
年齢 不明
住所 不明
職業 横浜国立大学4年生
容疑 神奈川県迷惑行為防止条例違反

こちらが外林雅大容疑者の顔画像です。

引用:https://rikokko.com/

スポンサーリンク

横浜国立大学について

横浜国立大学の場所・学力などを調べました。

偏差値65.0~55.0の高い学力を必要とする。

教育学部・経済学部・経営学部・理工学部・都市科学部の5学部を有している。

横浜を基盤とし、学部増設に力点を置いた規模拡大路線をとらず、少数精鋭化と

大学院教育研究の重点化を進めてきた。近年は国際研究拠点としての環境整備に

力を入れている。

スポンサーリンク

迷惑行為防止条例違反

当初は、ぐれん隊防止条例と呼ばれ、当時社会問題となっていたぐれん隊(愚連隊)

による粗暴行為の防止に重点が置かれていた。現在では、迷惑防止条例は、ダフ屋行為、

痴漢行為、つきまとい行為、ピンクビラ配布行為、押売行為、暴力行為、盗撮行為

のぞき行為、客引き行為、スカウト行為、悪臭行為なども禁じている。

量刑

行為 罰則
痴漢行為 ・6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金~1年以下の懲役または100万円以下の罰金

・(常習性有)1年以下の懲役または100万円以下の罰金~2年以下の懲役または100万円以下の罰金

盗撮行為
のぞき行為
つきまとい行為 ・1年以下の懲役または100万円以下の罰金

・常習:2年以下の懲役または100万円以下の罰金(各自治体によってさまざま)

スポンサーリンク

ネットの反応

誰でもよかったのならプロに頼めよ。
多少金はかかるが、人生はまだ安泰だったのに。
横浜ならちょっと行けば、その手の店はたくさんあるだろうに。
まぁ今更だけど。

女性は皆同じ形状、彼女を作るのが一番。
高学歴がパー。

外の林で雅に大をする
という願いを込めた名付けですね

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

まとめ

折角苦労して入学したのに全てがパーになってしまいました。

初犯で常習性が無ければ罰金で済むでしょうが、就職を考えると

非常に厳しいものがあります。

こうゆう性癖を持った人は犯罪を繰り返す傾向にあります。

外林雅大容疑者も断ち切れると良いのですが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする