高橋雄一の顔画像やSNSは?妻子供(家族)は?自宅住所の場所は?ブロードリンクHDDヤフオク転売!

神奈川県庁HDD流出問題で関係が取り沙汰されているブロードリンク元社員の

高橋雄一容疑者が逮捕されました。高橋雄一容疑者とはどんな人物だったので

しょうか。詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

事件の概要

引用:https://linoo7.com/

神奈川県の行政文書を保存したハードディスク(HDD)がインターネットオークションで売

られ、個人の納税情報などが流出した問題で、廃棄を請け負った「ブロードリンク」(東京都

中央区)から別のHDDを盗んだとして、警視庁に窃盗容疑で逮捕された同社元社員、高橋雄

一容疑者(51)=横浜市旭区都岡町、懲戒解雇=が「簡単だったので毎日のように盗んだ」

と供述していることが9日、分かった。 同社は同日、東京都内で記者会見し、榊彰一社長が

「社会をお騒がせし、深くおわび申し上げる」と謝罪し、全国に6カ所あるデータ消去施設へ

の金属探知セキュリティーゲート設置など再発防止策の完了後に辞任する意向を示した。

同社によると、高橋容疑者は平成28年2月の入社後、HDDなどの記憶媒体のデータ消去

を最大で約22万9千個担当。ネットオークションに7844個を出品、落札されており、こ

のうちHDDやUSBメモリーなどの記憶媒体は3904個に上ったという。

同社は出品時の画像などからHDDのシリアルナンバーを照合し、自治体や企業など発注元

の確認を進める。高橋容疑者は、都内の施設のデータ消去室から穴を開けて廃棄する前のHD

Dを持ち出していた。物理破壊されるHDDは個数管理されていなかったという。

高橋雄一容疑者のプロフィール

項目 情報
氏名 高橋雄一容疑者(たかはし しゅういち)
年齢 51歳
住所 神奈川県横浜市旭区都岡町
職業 元ブロードリンク社員(懲戒解雇)
容疑 窃盗

スポンサーリンク

高橋雄一容疑者の顔画像

引用:https://linoo7.com/

高橋雄一容疑者の家族は

高橋雄一容疑者の結婚した妻や子供(家族)についてです。

50歳という事で普通なら結婚して成人した子供がいてもおかしくない年齢ですね。

家族情報や結婚しているかの情報は現在わかっていません。

こういう犯罪をする方ですし、転職も繰り返していたようです。

結婚して家族がいた場合、犯罪や転職も家族のことを考えるとできない気がしますが、

どうなんでしょうね。

それにしても一人で住むには家が大きすぎます。

スポンサーリンク

高橋雄一容疑者の自宅住所は

ニュースで伝えられている住所は『神奈川県横浜市旭区都岡町』です。

地図で検索してみました。

引用:https://linoo7.com/

ネットの反応

こういった輩はつねに予備軍として存在しているはずだが、それを行わせない体制づくりは企業の側の問題として存在する。
今回、企業と従業員の双方に問題があったからこそこれだけ大量の転売が行われたことになる。

富士通にも責任はある。ベネッセの時もそうだが、下請けに流した段階で最悪。

利益だけかすめ取って、責任は下請けにという企業に、国は仕事を渡すべきではない。

税金で使う以上、最後まで責任を取らせるべき問題。

低容量の2.5インチHDD が格安でヤフオクに出ていたので落札したことがある。ウイルス等が仕掛けられているとコワいので中身を見ることもなくそのまま米軍方式だかで中身をクリーン化した。そこにWindows 95 を入れて時たま利用している。消去に手間と時間が矢鱈に掛かるので、転売屋はクリーン化済みと嘘をついてそのまま出品するケースが多いだろう。落札する側も自前PCが破壊されない様に警戒する必要があり、或る意味命がけとも言える。ま、美味しい情報が入っていれば当たりと喜び、中国政府関係者、敵対企業などに匿名で譲渡する手もあるが。

こいつかどうか知らんが、ヤフオクで落札した時に中身丸々残ってた事はある

完全フォーマット済みなんて大嘘でね
まぁ仕入れ方は大体 似た感じだろう

他者を信用してないから自分が手放す際は完全に復元出来ない状態で処分します

副業で年数百万も稼いだのなら、住民税もかなり上がりますし、会社が気付かないのはおかしいと思います。もし、納税していないのならまだ数年なので税務署は泳がしてあたのかも知れませんが、盗品なので原価はゼロですし、かなりの金額になるはずです。

スポンサーリンク

まとめ

今回お金の為に盗品を横流しした訳ですが、この管理体制では誰でも出来たと

いう事です。生前説に基づいてシステムが組まれていた事になりますが、これからは

生悪説でシステムを組まないととんでもない事になると痛感しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする