田村竜也の顔画像特定!?経歴や自宅住所は?高山翔さんをはね死亡させる!

夏休みを利用し、自転車で旅行をしていた高校3年の高山翔さんが車にはねられ死亡しまし

た。

スポンサーリンク

自転車で旅行をしていた高校3年の高山翔さん(18)が車にはねられ死亡する事故が

発生しました。車を運転していた田村竜也容疑者(30)の経歴や住所を調べます。

事故の詳細

引用:https://brandnew-s.com/

19日午後2時半ごろ、水戸市元石川町の信号のない交差点で、ワンボックスカーと自転車

が出会い頭に衝突しました。この事故で、自転車に乗っていた高校3年生の高山翔さん

(18)が頭を強く打つなどして死亡しました。

警察はワンボックスカーを運転していた小美玉市の会社員、田村竜也容疑者(30)を自動

車運転処罰法違反の疑いで現行犯逮捕し、容疑を過失運転致死に切り替え、調べています。

警察によりますと、高山さんは夏休みを利用し、自転車旅行をしていて、栃木県下野市の自

宅に帰る途中だったということです。

スポンサーリンク

田村竜也容疑者のプロフィール

項目 情報
氏名 田村竜也容疑者(たむら たつや)
年齢 30歳
住所 茨城県小美玉市

職業 会社員
容疑 自動車運転処罰法違反(過失運転致死)

スポンサーリンク

田村竜也容疑者の顔画像

現在田村竜也容疑者の顔画像は公開されていません。

色々検索しましたが本人特定にはいたりませんでした。

高山翔さんのプロフィール

項目 情報
氏名 高山 翔さん(たかやま しょう)
年齢 18歳
住所 栃木県下野市

職業 高校3年生
容態 頭を強く打ち死亡

スポンサーリンク

高山翔さんの顔画像

現在高山翔さんの顔画像は公開されていません。

色々検索しましたが本人特定にはいたりませんでした。

事故現場

報道機関の発表によれば、茨城県水戸市元石川町の市道の信号機のない交差点であるというこ

とです。地図で検索してみました。

現場となった市道の交差点です。

引用:https://brandnew-s.com/

写真で見る限り非常に道幅は狭く、車が一台が通れるかという狭さである事や見通しが悪い交

差点である様に見えます。

さらに、信号機がないということで、交差点に進入する際にはお互いが慎重にならなければな

らないと思います。

スポンサーリンク

事故原因

考えられる事故原因は田村竜也容疑者の前方不注意と高山翔さんの注意不足もあげられます

どちらかが注意していれば相手をやり過ごす事は出来たと思います。

昼間の時間帯ですので夜よりかは相手を認識出来たと思います。

スポンサーリンク

ネットの反応

車にはもちろんですが、自転車にもしっかりとした法律をお願いします

後々思い出に残る旅だったと思うし学んだこともあったろうに、こんな形で人生という名の旅まで終えるとは。
ご冥福を祈ります。

みんなが言うように自転車側に否があったかもしれないし、そういったときでも自動車側の過失が大きくなる今の法律を早く整備していただきたいものだ。

可哀想だよね、未来のある若者が亡くなるのは特に悲しい。疲れていたのかな、お互いがほんの数秒時間が先に️ほんの数秒後ろにずれていたら、確認を十分していたら事故に合わずに済んだかも。ヒヤリで済んだかもしれない。本当に悔やまれる

交通弱者強者の関係から、いかなる状況においても強者側である車側が逮捕の対象になるが、出会い頭の信号のない交差点らしいから、おそらく過失的には、五分五分というところなんだろうな。もしかしたら、自転車が確認せず不意に交差点に突っ込んできた可能性はある。

若い子には旅をさせろ。というのはあるし、若い頃の能動的な一人旅は人生の糧になるのは間違いないが、日本は人口密度が過密で、道路事情は世界と比べると自転車ツーリストにとっては、最悪の環境だと思う。欧米のように歩車分離されたり、自転車専用道路があるような恵まれた国ではない。

なので、このような自転車の旅をするならば、ある程度のリスクを承知の上で、最低限の交通マナーを学んだほうが良いかと。

特に学生時代は、運転免許も取得していないから、まともな交通知識が無い子が多すぎる。道路の逆走とか。急な横からの飛び出しとか。

自分も子供のころ自転車に乗っていた時は、一時停止を守らなかったり車が勝手に避けてくれるだろうといった危ない運転をしていましたが、18歳になり車の免許を取得し車側の目線を知ることで、初めて自転車の危険さを知りました。

免許制や法整備も必要かとは思いますが、まずは子供や車を運転しない人はこの車側の目線を知らないので、ただ車に注意してねと伝えるよりは、車側の目線を教えてあげてることで、自分がどれだけ危ないことをしているのか教え考えさせる必要があるのではないかなと思います。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

まとめ

現在の法律では交通弱者を保護する目的で車に全ての責任を負わせている。

しかし現実は逆走・飛び出し・急な転回等避けるにも避けられない場合が

良くあります。

勿論交通強者の車には相当の責任がありますが、自転車にもちょっと左右

の確認をする余裕があれば、今回の事故は起こらなかったと思います。

何より前途有る若者の死という最悪の結果が悔しい。

高山翔さんのご冥福をお祈り申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする