元タレントの田代まさし容疑者を逮捕!現在は何をしているのか?又覚醒剤所持の容疑!

6日、元タレントの田代まさし容疑者(63)が覚醒剤取締法違反の疑い現行犯逮捕された。

スポンサーリンク

元タレントの田代まさし容疑者が又も覚醒剤所持の容疑で逮捕されました。

過去の経緯や現在の活動を追います。

田代まさし容疑者又も覚醒剤で逮捕

引用:https://www.google.com/

元タレントの田代まさし容疑者が又も覚醒剤所持の容疑で逮捕されました。

今度で5度目の逮捕となります。

最近は薬物依存症のリハビリ関連の活動を行っていましたが、やはり薬からの誘惑には

叶わなかった様です。

引用:https://www.google.com/

痩せこけた頬を見てほしい。これが薬物の恐ろしさです。

スポンサーリンク

田代まさし容疑者のプロフィール

田代まさし容疑者のプロフィールです。

項目 情報
氏名 田代まさし容疑者(たしろ まさし) 本名 田代 政
年齢 63歳
出生地  佐賀県 唐津市
職業 薬物依存症のリハビリ関連の活動
容疑 覚せい剤取締法違反

スポンサーリンク

過去の経緯

2000年(平成12年)9月24日に東急東横線都立大学駅構内において帽子、サングラス、マス

クという姿で、女性の下着を盗撮しようとしている様子を目撃者から通報され、不審人物とし

て警察が任意同行し事情聴取、東京都迷惑防止条例違反で書類送検された。同年12月14日に東

京簡裁から「罰金5万円」の略式命令が下り、一時芸能活動を休止した。

2001年(平成13年)12月9日、田代は近所の男性宅風呂を覗いたとして、軽犯罪法違反容疑

で現行犯逮捕された。さらに自宅から覚醒剤が発見され、覚せい剤取締法違反容疑(使用・所

持)で12月11日、再逮捕された。2002年(平成14年)3月、裁判で懲役2年執行猶予3年の判

決を受けた。

2004年(平成16年)春頃にはテレビ界復帰も検討されたが、同年6月16日深夜午前1時頃、杉

並区梅里を運転中に青梅街道の「転回禁止」の場所でUターンしてオートバイに乗った男子学

生に衝突し大ケガをさせる人身事故を起こし、業務上過失傷害と道路交通法違反容疑で書類送

検された。

執行猶予中の2004年(平成16年)9月20日夜に中野区新井の路上で車を駐車中、再び覚醒剤

及び刃渡り8cmのバタフライナイフを所持していたとして、銃刀法違反と覚せい剤取締法違反

で現行犯逮捕された。2005年(平成17年)2月7日、東京地裁で開かれた判決公判で執行猶予

中の再犯のため等で、懲役3年6か月の実刑判決が下された。

2010年(平成22年)9月16日午前2時10分頃、神奈川県横浜市中区新港1丁目赤レンガパーク

の駐車場の身体障害者専用スペースに止めていた車両をアジア太平洋経済協力会議(APEC)

国際会議の応援警備に当たっていた福岡県警察本部の警察官が発見。そこで職務質問を受けた

際、コカインをポリ袋に入れて所持していたことが発覚し、直ちに麻薬及び向精神薬取締法違

反の容疑で神奈川県警横浜水上警察署に現行犯逮捕された。また、この際一緒にいた美容室経

営者の女も覚醒剤を所持していたため、覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕された。さらに、女

のポーチや女性の自宅に覚醒剤、コカイン、大麻を隠し持っていたとして、同年10月14日に覚

せい剤取締法違反(共同所持)の容疑などで2人とも再逮捕された。2011年(平成23年)7月

1日、横浜地裁で開かれた判決公判で薬物の常習性が顕著であることなどをおもな理由とし、

懲役3年6か月の実刑判決が下され。

スポンサーリンク

現在の活動

2019年7月4日・11日放送の『バリバラ〜障害者情報バラエティー〜』(NHK Eテレ)の「薬

物依存症」をテーマとした回に出演し、”マーシー先生”として実体験を語る。

現在はTwitterで近況を発信する傍ら、2019年6月にYoutubeチャンネルを開設し、親交のある

ミュージシャンである佐藤秀光(クールスのリーダー)とともに出演している。

スポンサーリンク

何故発覚したか

田代容疑者が利用した塩釜市の宿泊施設から「客が変な物を忘れていった」と8月24日に通報

があり発覚。塩釜市で所持していた案件で11月6日に逮捕する際にも、覚醒剤を所持していた

ため、現行犯逮捕したという事です。正に何処から足が付くかわかりませんね。

スポンサーリンク

ネットの反応

やはり抜けられないのですね。本当に怖いと思う。せっかく更生の道を歩んでいたと思ったのに。いい機会だから覚せい剤に興味を持っている人もこの怖さを肝に命じてもらいたいと思う。

マーシーの件が麻薬中毒者の現実、簡単に抜けないのが麻薬の怖さ。同じように再犯している芸能人も少なくない。

ピエール瀧の時に麻薬は自己責任なだけだから温情なんていい加減な報道していたが、芸能界は麻薬関係に本当に甘い。

リハビリ施設でやっても完治は難しいのが現実、長年依存していたピエールを簡単に復帰させる流れも安易過ぎる。

覚せい剤って一度やっちまうとダメなんでしょ。
元を絶たない限りダメでしょ。
いつも使用者の逮捕だけ報じられるけど、入手経路等は解明してるのかね。これをはかない限り社会復帰させるべきでないと思うけど。
更生復帰も、一度まででしょ。やめれるやつは一度でやめるでしょ。
二度目逮捕でアウトでいいと思うよ。

国母が吹き飛んだ…
(なんで同じ日?)

にしても、田代さんは残念だな。

ダルクでトイレ掃除から電話番、雑用を引き受けて、他の入所者のお世話もして、薬物治療の講演も全国でやっていたのに。

Eテレの「ハートネットTV」にも出演し、震える手と呂律の回らない言葉で、薬物の怖さや、やめることの難しさ、支援のあり方などについて語っていた姿は、偽りの姿ではなかったと思う。

今度こそ、本当にやめたかったんだと思う。それでもやめられなかった。ハートネットでも、やりたくなる日はあると正直に語っていたし。

「やめたとは言えない。二度とやらないとも言えない。ただ、今日1日はやめよう。それを一日一日、続けるしかないんです」と繰り返し語っていたのを思い出す。

結果的に、本人がいつも語っていた薬物依存から抜け出すことの難しさを、はからずも実証してしまった。

驚かないな…。
7〜8回野逮捕でも薬物から立ち直る途中だというし、田代みたいな有名人には売人が近寄ってきて握手をするかのように手渡すというから、そこでも断ち切ることができれば良いんだろうけど、田代のこれまでの言動から無理な気はしてた。
テレビに出たり講演するようになって、それが最初に捕まる前のプレッシャーで潰されそうだった頃と同じなんだろう…。
この人は死ぬまで薬物を繰り返すと思う。

スポンサーリンク

まとめ

薬物は依存症が恐ろしい。

やろうかと思っている人は田代容疑者の事を思い出してほしい。

現在では普通の家庭にも薬物が入ってきているので尚更恐ろしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする