ウドウ容疑者コカインを飲み込み密輸容疑 機内で体調急変死亡確認!

メキシコから成田空港に向かっていた航空機内で、日本人男性が体調を急変させ、死亡していたことが分かった。体内からは小分けにされたコカインの包み246個が見つかったという。

スポンサーリンク

事件の詳細

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

 メキシコシティーから成田空港に向かう航空機に乗っていた日本人男性が24日、体調を急変させ、緊急着陸したソノラ州の空港で死亡が確認されたという事です。

検察当局は26日、男性の体内から246個もの小分けにされたコカインの包みが見つかったと発表した。地元メディアは男性は42歳で名前を「ウドウ」と伝えている。

当局は、コカインの包みをのみ込んで密輸しようとした疑いもあるとみて調べている。

スポンサーリンク

ウドウ容疑者のプロフィール

ウドウ容疑者のプロフィールです。

項目 情報
氏名 ウドウ容疑者
年齢 42歳
容態 緊急着陸したソノラ州の空港で死亡が確認
その他 解剖の結果体内に246個(幅1cm 長さ2.5cm)

コカイン密輸容疑

中身コカイン(幅1cm  長さ2.5cm)の小袋を246個も飲み込んでいた。これは完全に密輸目的だと思います。但しウドウ容疑者は単なる運び屋で裏では大きな組織が動いている様に思います。

コカインの小袋が破れたか何かで急性のコカイン中毒になり死亡した様に思います。

それにしてもよく246個も飲み込んだものです。普通なら飲み込めません。

スポンサーリンク

死亡を確認した場所は

緊急着陸したソノラ州の空港です。地図で調べてみました。

メキシコソノラ洲の空港はイグナシオ・ペスケイラ・ガルシア将軍国際空港になります。

スポンサーリンク

まとめ

いくら密輸とはいえ246個も飲み込むとはすごいと思います。飲み込むのに相当苦労したのではないかと思います。その結果命を落としてはもともこもありません。

末端価格ではおそらく億になるのでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする