山形空港で旅客機が離陸に失敗!

23日午後4時40分、山形空港で名古屋行きの飛行機が離陸に失敗し、滑走路を逸脱したということです。現在、緊急停止中です。

スポンサーリンク

事故の概要

4月23日午後4時48分ごろ、フジドリームエアラインズ(FDA/JH)の山形発県営名古屋空港(小牧)行きJH386便(エンブラエル175型機、登録記号JA11FJ)が、山形空港を離陸滑走中に滑走路を外れ脱輪した。乗客乗員にけがはなかった。滑走路は午後7時現在閉鎖が続き、当該便を含めた5便が欠航になった。

JH386便には乗客60人(うち幼児0人)、乗員4人(パイロット2人、客室乗務員2人)の計64人が搭乗していたが、乗客乗員にけがはなかった。午後4時40分に山形を出発し、小牧には午後5時50分に到着する予定だった同便は欠航となった。FDAによると、そのほかの便には影響がなかったという。

当該機は、現在も滑走路から10メートル離れた芝生上で停止しており、滑走路の閉鎖が続いている。

引用:https://www.aviationwire.jp/

スポンサーリンク

山形空港

山形新幹線が通っていて割と便利な所にあります。
 
項目 情報
所在地

〒999-3776 山形県東根市大字羽入字柏原新林3008番地

空港コード GAJ
標高 105m
旅客数 223,111名

 

 

エンブラエル175型機

エンブラエル E-Jet (Embraer E-Jet) はブラジルの航空機メーカー、エンブラエル社が製造・販売している小型ジェット旅客機のシリーズ名である。 本シリーズの構成モデルは、標準座席数が少ない順に エンブラエル170(78席)、エンブラエル175(86席)、エンブラエル190(104席)、エンブラエル195(110席)の4種類である。 リージョナルジェットに分類される、シリーズ中最大のエンブラエル195は座席数を124席まで設定可能であり、機体サイズの面でボーイング737の最小モデルやエアバスA318と匹敵するとの見方もある。

スペック

全長 29.9m 全幅 26.0m
全高 9.9m エンジン推力 5,900kg X 2
標準座席数 76 巡航速度 800km/h
最大離陸重量 34.5t 航続距離 2,600km

リージョナルジェットとは

引用:https://ja.wikipedia.org/

リージョナルジェット (Regional jet, RJ) は、短距離輸送用ターボファンエンジン搭載機。 地域間輸送用旅客機と訳されることもある。

一般的に、旅客機では、旅客数が50から100名程度で、必要な滑走路も短い低騒音な小型ジェット機のことを呼ばれるようになった。しかし、アエロフロートがヤコヴレフ Yak-40をソ連期から地域間輸送用旅客機として運用していたように、リージョナルジェットそのものは航空界において新しい概念ではない。また、西側でもシュド・カラベルが長い間使用され、1978年にアメリカ合衆国で規制緩和の法律制定後、その運用が世界的に拡大したという背景がある。

スポンサーリンク

ターボファンエンジン

ターボファンエンジン(Turbofan engine)は、ジェットエンジンの一種。コアとなるターボジェットエンジンにファンを追加したものである。ファンを用いることにより、ターボジェットと異なり、コアエンジン部を迂回したエアフローが設定されている。このエアフローにより、ジェットエンジン推力の増大および効率化が行われる。1960年代より実用化が行われ、現代のジェットエンジンの主流となっているものである。

引用:https://ja.wikipedia.org/

スポンサーリンク

まとめ

今回滑走路の端に逸れただけでしたのでまだ大惨事にならずに済みました。飛行機では離陸の3分、着陸の11分が危険と言われています。事故は大体この時間に起こっています。くれぐれも安全を望みたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする