山本まとむ容疑者顔画像!facebook特定! 列車を乗り間違え! 山陽新幹線から飛び降り逮捕!

2019年4月14日、11時10分頃、山陽新幹線の新大阪―新神戸間を走行中の車内から飛び降りたとして、山本まとむ容疑者(54歳)が逮捕されました。

スポンサーリンク

事件の詳細

引用:http://diary.ponkichi01.com/

14日午前11時10分ごろ、山陽新幹線の新大阪―新神戸間を走行中の東京発博多行きのぞみ17号が、非常用の開閉用コックを使って扉が開けられたため急停車、乗客の男が線路内に立ち入った。

兵庫県警によると男は50代でJR西日本の職員が取り押さえ、県警が新幹線特例法違反の疑いで現行犯逮捕した。安全確保のため上下線を停電させた影響で、山陽新幹線は同区間で一時運転を見合わせ約45分後に再開した。

男はすぐに乗務員に車内に戻されたが、会話ができる状態であったが飛び降りた際着地に失敗して右足を骨折した。

引用:http://diary.ponkichi01.com/

スポンサーリンク

山本まとむ容疑者のプロフィール

山本まとむ容疑者のプロフィールです。名前が(まとむ)なので芸名かと思いましたが本名でした。元(株)劇団東俳関西支社の劇団員だったようです。

項目情報
氏名山本 まとむ 容疑者(やまもと まとむ) 
年齢54歳
住所

大阪府南河内郡太子町

職業無職 過去には(株)劇団東俳関西支社の劇団員
逮捕容疑新幹線特例法違反

山本まとむ容疑者の顔画像facebook

引用:http://diary.ponkichi01.com/

劇団員の様な顔つきです。

山本まとむ容疑者のfacebookアカウントです。⇒ こちらです。

スポンサーリンク

事件現場はどこ

山陽新幹線の非常コックを操作して飛び降りたのは

新大阪駅~新神戸駅の間

です。

新大阪駅と新神戸駅の間は12分ですのでおそらく新大阪駅を出発して直ぐに行動に出た様に思います。

なぜ飛び降りたのか

普通新幹線から飛び降りるというと自殺が思い起こされますが、なんとその理由が情けない理由で新大阪駅で本来は上り(東京行き)の電車に乗る予定が、誤って下り(博多行き)の電車に乗ってしまった為、乗り換え様と非常コックを操作して飛び降りた様です。普通は新神戸駅迄行き乗り換えますがその考えは無かった様です。挙句の果てに骨折し逮捕されては身も蓋もありません。

スポンサーリンク

新幹線特例法違反

正式名称「新幹線鉄道における列車運行の安全を妨げる行為の処罰に関する特例法

  • 1条 趣旨
  • 2条 運行保安設備の損壊等の罪
    新幹線の自動列車制御装置(ATC)、列車集中制御装置(COMTRAC、COSMOSなど)などの運行保安設備の損壊、操作等の禁止と処罰(1年以下の懲役または5万円以下の罰金)
  • 3条 線路上に物件を置く等の罪
    新幹線の線路上への物件の放置や新幹線線路内への立ち入りの禁止と処罰(5年以下の懲役または5万円以下の罰金)
  • 4条 列車に物件を投げる等の罪
    新幹線列車に対する物件の投擲または発射の禁止と処罰(5万円以下の罰金)

5年以下の懲役又は5万円以下の罰金とは意外と軽いですね。5年以下の懲役ですと初犯だと執行猶予が付き実刑を免れます。

スポンサーリンク

まとめ

54歳と分別がある年齢で起こした事件、本当に情けないと思います。この行為でどれだけの人が迷惑しているか考えられなかったのでしょうか。又自分が乗った新幹線が停車しても反対から走ってくるかもしれません。そうゆう危険も考えられなかったのでしょうか。罰則は別として厳しくお説教をしてほしいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする