横尾一範さん顔画像特定?ハーネスを係員が付け忘れたか!高さ5メートルから落下死亡!

8月5日栃木・那須ハイランドパークにあるクライミング施設で51歳の男性が転落する事故が発生した。
男性は頭を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。夏休みで賑わう人気のレジャー施設でいったい何があったのか…

スポンサーリンク

ノボランマにあるリープ・オブ・フェイスとは

引用:https://www.fnn.jp/

アトラクションを紹介した公式映像。鉄塔を上った利用者は高さ約5メートルの場所から数

メートル先に吊るされたエアーバッグに飛びつく。

那須ハイランドパークによるとアトラクションは飛び移る動作があることから特に冒険心が高

い反面、難易度も高いという。

そのため利用者はスタッフにより専用のハーネス・天井に固定された安全器具・ヘルメットが

装着されるということだ。

2018年にアトラクションを家族で体験したという男性は「息子に聞くと、結構高くて怖いって

いうのとやるまではすごく不安だったってことは言っていました。スタッフの方がつけてくれ

て梯子を上るっていう感じでしたね。ハーネスがある安心感があったので、飛んでみた形とし

ては不安視していなかったです」と語る。

スポンサーリンク

事故原因はなにか

なぜ事故が起こってしまったのか調べていくと命綱であるハーネスを付け忘れるという

初歩的なミスが起こっていた。

しかも衝撃吸収用のマットまで設置されていなかった。

つまり横尾一範さんは5メートルの高さからコンクリートに叩きつけられたという事です。

スポンサーリンク

横尾一範さんのプロフィール

項目 情報
氏名 横尾一範さん(よこお かずのり)
年齢 51歳
住所 神奈川県相模原市
職業 自営業
容態 頭を強く打ち意識不明その後死亡

スポンサーリンク

横尾一範さんの顔画像

現在横尾一範さんの顔画像は公開されていません。

スポーツクライミングの安全性は

スポーツクライミングは来年の東京オリンピックで正式種目となり、
メダルも期待される注目の競技で全国の施設数も10年で約5倍に増加している。競技人口は60万人ともいわれている。

引用:https://www.fnn.jp/

同じ天井から吊るす安全器具を導入している別の施設ではどのような安全対策を行っているのか?
スポーツクライミングが体験できる埼玉県春日部市にあるジムでは県内最大級という高さ9メートルの壁面もあり、
安全器具を使ったクライミングも体験できる。
日本山岳・スポーツクライミング協会によると高さが比較的に低いボルダリングではハーネスを装着することは少ないということだが、この施設では安全面を考えて利用しているという。

引用:https://www.fnn.jp/

スポンサーリンク

ネットの反応

監視カメラがあるだろうから付け忘れたかどうかは分かるだろう。
もし付け忘れたなら園側に業務上過失致死が適用されるだろう。
この男性は恐らく初めての経験で、命綱がないことには疑問を持たなかったと思われる。

ヒューマンエラーはあるので、
万一に備えて床にマットを敷いておけばよかっただけ。

朝のテレビで見たけど、命綱と本人を繋ぐためのたすき状の器具は別々になっている。
たすき状の器具は被害男性はつけていた。
その背中に命綱を係員がつけるんだけど、それを忘れていた。
「命綱がついてないのわからないの?!」
という意見があるけど、この状況では、ほとんどの人が自分に命綱がついている状態だと思うのではないでしょうか。

従業員もウッカリすることはある。
命綱以外の落下対策をしていなかった施設側
の責任は重大。
亡くなった人も飛び付いて落下しても
「失敗した~!」って笑って済ませようくらいに
思ってたはず。
まさか死ぬ気で遊ぶわけないんだからさ。

命綱がないことに疑問を持たなかったのかなとは思うけど、落ちてもいいように他で安全対策があるのだろうと思ったり、ちょっとおかしいと思っても、運営側が忘れることがないだろうとか、他にも性格的に言いにくいこともありますよね。

死亡事故が起こったことは残念です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

まとめ

もしも落下したときの為に厚手のマットは絶対必要だと思います。

多分マットがあれば最悪でも骨折位で済んだはずです。

施設側の重大なミスといえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする