要害義之容疑者顔画像! タクシー運転手が車内で飲酒! その動機が酷すぎる

酒を飲みながらタクシーを運転し、事故を起こして男性にけがをさせたとして、運転手の男が警視庁に逮捕されました。「焼酎をトマトジュースで割って飲んだ」と供述しているということです。

スポンサーリンク

事故の詳細

引用:http://trend-journal.online/

危険運転傷害の疑いで現行犯逮捕されたのは埼玉県川口市のタクシー運転手、要害義之容疑者(55)です。

要害容疑者は24日午前9時ごろ、酒を飲んでタクシーを運転し、東京・港区虎ノ門の路上で2台の車に相次いで衝突する事故を起こした疑いが持たれています。衝突された車が近くにいた50代の男性にぶつかり、男性は全治2週間のけがをしました。

警視庁によると、要害容疑者は乗務前の飲酒検査では問題がありませんでしたが、事故の後、基準値の4倍程度のアルコールが検出されました。タクシーの中からは焼酎とみられるアルコールとトマトジュースが入ったペットボトルが見つかったということです

取り調べに対し、要害容疑者は「焼酎300ミリリットルをトマトジュースで割って飲んだ」「家族に酒を止められていたので隠れて飲んでいた」と供述しているということです。

スポンサーリンク

要害義之容疑者のプロフィール

要害義之容疑者のプロフィールです。

項目 情報
氏名 要害 義之 容疑者(ようがい よしゆき)
年齢 55歳
住所

埼玉県川口市

職業 タクシー運転手
逮捕容疑 危険運転傷害

要害義之容疑者の顔画像

酒を飲みながらタクシーを運転して事故を起こし、男性に怪我をさせた要害義之容疑者の顔画像がこちら。

引用:http://trend-journal.online/

スポンサーリンク

事故場所

事故が起きたのは東京都港区虎ノ門の路上で2台の車に衝突しています。

引用:http://trend-journal.online/

 

なぜ車内で飲酒したのか

なぜ車内で飲酒しながら運転したのでしょうか。実は「家族に酒を止められていたので隠れて飲んでいた」と供述しています。普段から相当酒癖が悪かったのでしょう。それで隠れて飲酒したという事ですが、飲酒運転は厳罰という事は当然承知でやっていたと思います。つまり今回が初めてでは無く常態的に飲酒運転が行われていたと思います。

スポンサーリンク

まとめ

2種免許を持ち営業運転をするプロのドライバーで社会の模範となるべき所をあべこべに飲酒運転を行いました。幸い大きな事故ではありませんでしたがそれでもけが人が出ています。厳罰に処してほしいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする